サガン鳥栖は、4月11日に開催される2018明治安田生命J1リーグ第7節の柏レイソル戦を『Vamos11デー』と銘打ち、様々なイベントを行うと発表した。また、5月6日に行われる同13節の清水エスパルス戦は「レディースデー~サガン鳥栖をしよう~」と銘打ち、記念ユニフォームの選手着用並びに来場者プレゼントを行うことも発表した。

 4月11日戦では、『Vamos11シート』へ抽選で1111名を招待するほか、当日が誕生日である高橋治をピッチ上で祝福するイベントを実施。また、同試合のレディースシート購入者限定に「11番」が入ったリストバンドプレゼントされる。

 5月6日清水戦では、選手がサガピンクの当日限定記念ユニフォームを着用。さらに来場者全員に記念ユニフォームプレゼントされる。

 今年は季節の『つつじ』が咲き乱れるユニフォームに仕上がり、言葉の「の喜び」や「初恋」から『サガン鳥栖をしよう』をコンセプトとしている。また、次々に連なりが咲く様子から「つづき(続き)」が名の由来と言われており、今年のレディースデーのユニフォームデザインには『次々に勝利のを咲かせ続けていく』という想いが込められている。

5月3日清水戦の来場者に配布されるユニフォームデザイン [写真]=サガン鳥栖