声優の野沢雅子が、映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(7月13日公開)にゲスト声優として参加することがわかった。フウラシティに住むポケモン嫌いのおばあさん・ヒスイの声を担当する。野沢は、「最初(ポケモンの)“ワニノコ”のオファーかと勘違いしていましたが(笑)、参加することができ、とてもうれしく思っています。ポケモンはかわいい世界観で自分とはかけ離れていると思っていたので、まさか自分が!?と驚きました」とコメントを寄せている。

【動画】『ポケモン映画2018』最新予告編

 伝説のポケモン・ルギアも劇中に登場することが明らかとなった、ポケモン映画最新作は、昨年大ヒットを記録した『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』からはじまった、サトシとピカチュウの新しい冒険。そして1年に1度の祭りでルギアから恵みの風をもらう街を舞台に起こる、新しい仲間たちとの壮大な物語が描かれる。今までのポケモン映画ではあまり出会わなかったような、年齢も性別もバラバラの登場人物たちが登場するといい、声優界のレジェンド、野沢の参加はまさにその象徴といえそうだ。

 野沢が演じるヒスイは、過去のできごとが原因でポケモンを避けるようになったが、なぜかワニノコをはじめ、たくさんのポケモンに付きまとわれているおばあさん。「自分では普通のつもりだけど、他の人から見たら少し変わっていて…でも身近にいるようなそんな存在です。そこがうまく表現できたらと思っています」と野沢も話している。

 ほかにも6人のゲスト声優が明らかになった。森の中で一人佇む謎の少女・ラルゴ役に、中学2年生となった芦田愛菜。ポケモン初心者の女子高生・リサ役に、女優の川栄李奈。自分に自信が持てない気弱な研究家・トリト役に、映画やドラマに引っ張りだこの濱田岳。うそがやめられなくなってしまったホラ吹き男・カガチ役に、俳優の大倉孝二。リサの弟のリク役に、今年で12年連続出演の中川翔子。ラルゴの父親でフウラシティの顔であるオリバー市長役に、21年連続出演の山寺宏一。年齢や性別もバラバラの“みんな”がポケモン映画に集結する。

 併せて解禁となった最新予告映像では、まだ多くが語られていなかった物語の世界観に加えて、まだ誰も見たことのない新ポケモン・ゼラオラも登場。ラルゴと幻のポケモン・ゼラオラとの関係も気になる、最新予告映像は、今月13日より全国の映画館で上映される。

■キャスト
芦田愛菜(ラルゴ)、川栄李奈(リサ)、濱田岳(トリト)、大倉孝二(カガチ)、野沢雅子(ヒスイ)、中川翔子(リク)、山寺宏一(オリバー市長)、
松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、林原めぐみ(ムサシ)、
三木眞一郎(コジロウ)、犬山イヌコ(ニャース)、石塚運昇(ナレーション)

■スタッフ
原案:田尻智
監督:矢嶋哲生
アニメーションスーパーバイザー:湯山邦彦
脚本:梅原英司、高羽彩
キャラクターデザイン:金子志津枝
アニメーション制作:OLM / WIT STUDIO

■ポケモン映画公式サイト
www.pokemon-movie.jp

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2018 ピカチュウプロジェクト

映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(7月13日公開)ゲスト声優発表(上段左から)芦田愛菜、川栄李奈、濱田岳、大倉孝二、野沢雅子、(下段左から)中川翔子、山寺宏一