株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、2017年度にシェアされたクルマ種ごとの維持費軽減率ランキング開しました。
若年層がクルマを買いたくない理由として、「駐車場代など今まで以上にお金がかかる(28%)」※1など、維持費の高いことが挙がるなか、購入してもは3%しか稼働しておらず、97%駐車場に眠っている※2現状があります。
駐車場に眠っているを有効活用する個人間カーシェアによって、どれだけ維持費が軽減されるかを維持費軽減率としてランキング化しました。

Anyca は、2015年9月サービスを開始し、マイカオーナーにとって、クルマの維持費を軽減できるサービスとして注が集まっており、2018年4月に登録会員数13万人以上、登録数4,000台以上、登録種数650種以上となり、シェアリングエコノミーの広がりとともに順調に成長しています。

※1 参考:「2015年度乗用市場動向調」(一般社団法人 日本自動車工業会)2016年4月8日
http://www.jama.or.jp/lib/invest_analysis/pdf/2015PassengerCars.pdf
※2 稼働率=年間運転時間/365日×24時間×100=約3.4
年間運転時間=年間総走行距離/均移動速度=301.3時間
年間総走行距離(乗用)=10,575km(※3)
均移動速度=35.1km/h(※4)
※3 「継続の際の整備前自動車不具合状況調」(国土交通省)
※4 「道路交通センサスから見た道路交通の現状、推移【一般交通調からみた道路交通】(表1-9)旅行速度の推移」(国土交通省道路ホームページ)2017年7月14日 http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-data/data_shu.html

維持費の軽減率が最も大きい種は、トヨタ ノア982位トヨタ アルファード79、3位はレクサス RX 76という結果になりました。上位10種にはミニバンや高級ランクインし、維持費に対して受取額が多いことが分かります


2017年度 Anyca維持費軽減率ランキング(東京23区内)】
ランキング算出方法:
東京23区内を要な受け渡し場所に設定し、1ヶに1回以上シェアがあり、同一種が10台以上あるクルマを対に、維持費を2017年4月1日2018年3月31日の間でシェアによる均受取額で割って算出。
均維持費は、登録時に会員が記入した維持費用の均値です。自動車税、検費用、駐車場代、メンテナンス費用などクルマを維持するためにわる費用が含まれておりますが、体の購入費用などは含まれておりません。
※維持費軽減率は四捨五入しています(四捨五入する前の数値の大小でランキングを作成)
※Anycaは共同使用契約に基づいたサービスです。共同使用契約では、共同使用料として、維持費だけでなく体取得費も含んだ額を分しますが、維持費軽減率には体取得費は含まれておりません。

また、2017年度のシェア回数が多い人気種ごとのオーナーが受け取ったシェア額(単位)も開しました。2017年度の人気ランキング1位BMW 3シリーズで、間で受け取った

受取料は18,002円、2位ポルシェ カイエン39,905円、3位のトヨタ アルファード32,615円という結果になりました。人気ランキングの上位には海外メーカークルマや高級が並びましたが、トヨタ アルファード日産 エルグランドなどのミニバンも上位にランクインしました。人気種上位10位までの均受取額は23,808円となりました。


2017年度 Anyca人気ランキング均受取額(東京23区内)】
ランキング算出方法:
東京23区内を要な受け渡し場所に設定し、1ヶに1回以上シェアがあるクルマを、種別に2017年4月1日2018年3月31日シェア回数順にランキング(同一種で複数台のクルマシェア回数は合算)

配信元企業株式会社ディー・エヌ・エー

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ