ニュース週刊誌「AERA」(4月16日号)が4月9日、発売された。表紙は俳優・坂口健太郎が務め、フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしとなっている。

(画像:朝日新聞出版AERA)

 4月10日スタートの「シグナル 長期未解決事件捜査班」で連続ドラマ単独初主演を飾る坂口健太郎。インタビューでは、初めて主演俳優として臨む撮影での「ふるまい方」について「主演として役をもらってる役者として張らなきゃいけないところが出てくるだろうなと思います。あえて空気を読まないというか、ちゃんと伝える瞬間が必要になるだろうなって」と語っている。


 さらに坂口はインタビューの中で、演じる役と自分自身を比較し、分析。俳優としての坂口健太郎だけでなく「普段の坂口健太郎」を知ることができる。


 表紙同様、インタビューページの撮影も蜷川実花が務めている。終始リラックスムードで臨んだ撮影で、坂口の自然体の笑顔やちょっとおちゃめな表情が見どころだ。


AERA (アエラ)2018年4月16日号

表紙:坂口健太郎

定価:390円(税込)

発売日:2018年4月9日