ご好評いただいた【キャンピングカー生活の日常】シリーズタイトルを【車中泊女子のキャンピングカー生活】と変えて続けていく予定ですのでお付き合いください。

旅行ドライブネタは今まで通り【車中泊女子の全縦断記】となります。いつまで〝女子〟というつもりなのか? に申し訳ありません。

詳細画像はこちら

キャンピングカー生活をはじめる前までは、レンタカー実家パジェロを借りて車中泊をしていました。

2002年当時、自らのホームページで「放浪SOHOへの」と題して、2週間パジェロした記録を引っり出して読んでみたのですが、〝〟の方がメインで実情がよく伝わって来ないという内容にながら苦笑…。

また、雑然とした内を写真に撮る必要性もまったく考えていなかったので、当時の様子がうかがえる写真がありません。クルマ写真すら、この1枚(↑左)しかないという…。

持って行ったパソコンは【FMV-BIBLO-LOOX/S(H”イン)】と【DELL INSPIRON 5000】、ケータイDocomo【SH251i(カメラつき)】、デジカメは【FUJIFILM Fine Pix 2700】。デジカメを買ったのは2000年くらいで、それまではいわゆる簡易カメラでした。当時は写真を残すことにあまり興味がなかったのです。

ネットに繋ぐ手段は【Air H”】【ISDN公衆電話】【Docomo携帯電話9800bpsだからしく遅い)】、それから購入しておきながら接続し忘れた無線LANUSBで接続すれば何でも認識する今と違って、昔はひとつひとつ設定する必要があったのです)、そしてネットカフェパソコンおよびネット環境に関する設定などを旅行前に慌ててやっているあたり、ズボラな性格は昔から治っていません。

詳細画像はこちら

クルマにはカーナビもついていませんでした。レンタカーもなるべくレンタル料を安くするために、オプションをつけませんでした。

ケータイで気軽にネット接続できる今と違って料もかなり高く、ISDN公衆電話からメールチェックするだけで数百円くらいかかった記憶があります。ネットナビなんて夢のまた夢、地図ガイブックが頼りでした。

今では当たり前のように設置されているコンビニマルチコピー機も、地方では見かけなかったです。この当時の笑い話として、ローソンに行って「FAXクロネコFAXサービス)ありますか?」って聞いたら「えっ!? …販売してません」って返されたことがあります。わたしの言い方が悪かったです。現在でもセブンイレブンネットプリントとか便利なサービスがありますが、あまり知られていないようです。

今やケータイで何でも調べられる時代。ネットがこんなに普及するまでは、入浴施設もコインランドリーも「人に尋ねる」が基本でした。当時は道の駅も今ほど多くなかったし、入浴施設併設なんてしかったので、地図ガイブックを見て温泉マークを探したものです。

ケータイパソコンデジカメを充電するためにインバーターは必須でした。しかしアイリングしたままパソコン作業をするのはびないので、日中ドライブ中)に充電しておいて、間はバッテリーが切れるまでの間だけ使用。たまに店舗などに電を借りることもありました。もちろん、何かしらのお買い物もします。

当時は「パソコンを使いたいので電を貸していただけないでしょうか」とお願いすると、「1〜2時間程度ならいいですよ」と承諾してくださる施設が多かったです。アダプターのコードが届かない場合も考えて、延長コードも持参していました。

次回は、レンタカーおよび乗用での車中泊で得た注意点をお送りします。

松本しう周己)

「人に尋ねる」のが基本だったネット普及以前の情報収集は?【車中泊女子のキャンピングカー生活】(http://clicccar.com/2018/04/09/573946/)