日本テレビ人気番組『世界一受けたい授業』から新アカデミックライブショーが誕生! この、『世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える!』と題して、7月21日横浜アリーナを皮切りに、全5大アリーナで開催!

世界一受けたい授業』は、日本テレビ放送の子供から大人まで楽しんで学べるアカデミック・バラエティ番組。『世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える!』は、番組を初めて飛び出し、アリーナ会場で20万人を動員するアカデミック・ライブです。

タイムマシンであるアリーナ会場に紛れ込んでしまったラプトル(亜紀に存在したと言われる恐竜)の子供を元いた時代に返すため、会場のみんなと一緒に古代の時代へタイムスリップするというストーリー

演は、意外にも今作が舞台初出演だという、芦田愛菜さん! そして、タイムマシン開発中土岐駆(ときかける)博士役に八嶋智人さん、助手のヤマシゲ役に山崎樹範さんをメインキャストに迎え、観客参加で進むパフォーマンスが繰り広げられます。

3人はラプトルのいた亜紀だけでなく、ジュラ紀や三畳紀などさまざまな時代をしていくことになるとか! ショーの中では、番組おなじみの“アハ体験”に挑戦するコーナー恐竜学者の小林快次先生映像で登場し、ティラノサウルスをはじめとする恐竜地球歴史についてわかりやすく解説する、まさに体験する自由研究のようなステージとなりそうです。

そして、一番の見どころは何と言っても、動く恐竜たち! 登場する恐竜たちは、実物大の恐竜ライブショー『DINO-A-LIVE』(ディノアライブ)などを手がける“ON-ART”が制作。DINO-TRONICSというリアル自立二足歩行恐竜メカニカルスーツを開発し、内外で特許を取得している技術は、世界最高レベルのもの。まるで生きているかのような驚愕クオリティに圧倒されること間違いなし! リアル恐竜たちが、時には観客を襲ってしまうかも!? 

また、開催各地の強ダンスチームダンスパフォーマンスも飛び出し、ライブを一層盛り上げます。すでに大阪演には、京都府立山高校ダンス部が約70人で参加することを発表! 今後発表される参加校にも注です。

芦田愛菜さんコメント
アリーナショーに出演するのは初めてですが、お芝居とライブの要素が一緒になっていてワクワクドキドキしています。実際にリハーサルで演じてみて、アドリブがとても大事だということがわかりました。八さん、山崎さんという達人のお二人がいてくださるので、お二人に頼りながらお客様と盛り上がることができれば嬉しいです。
このショーでは、みんなで一緒に番組でおなじみのクイズなどに挑戦したりしながら、恐竜のいた時代について学ぶことができます。でも気を付けてください。楽しんでいたらライブ中に恐竜が襲ってくることがあるかもしれません! 私自身にとっても歌ったり高校生の皆さんと踊ったりと盛りだくさんのショーになると思います。ぜひ、このは『世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える!』に遊びに来てください!

予告動画芦田愛菜演!アカデミックライブ世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える!」
https://www.youtube.com/watch?v=o3wSSitIxEc

リアル恐竜驚愕ライブショー世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える!」PV
https://www.youtube.com/watch?v=AjrVkg3mnvs

世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える!』
ストーリー
ある日の『世界一受けたい授業』に登場したのは、タイムマシンを開発している土岐博士。この日の番組ゲストであり、博士の親戚である芦田愛菜は、番組収録後、博士からタイムマシン完成していることをこっそり教えてもらいます。最初に乗るという約束をしていた菜ちゃんは大喜び! 速2人は助手と一緒にタイムマシンがあるというアリーナ会場へ向かいます。そこに待っていたのは、1万人の仲間たち! すると3人の前に小さな恐竜が……。どうやらラプトルの子供テストタイムスリップした際に現代に迷い込んでしまったようです。「このままでは歴史がひっくり返ってしまう!」と心配した博士は、古代の世界へ届けに行くことを決意。事にラプトルの子供を返すことが出来るのでしょうか!? 3人と会場の仲間たちによるタイムスリップが、今始まる!

開催日・会場
7月21日(土)、22日(日)横浜横浜アリーナ
7月28日(土)、29日(日)大阪大阪城ホール
8月4日(土)、5日(日)名古屋日本ガイホール
8月11日(土)、12日(日)埼玉さいたまスーパーアリーナ
8月18日(土)、19日(日)福岡マリンメッセ福岡

チケット料大人6,500円 子ども4,900円

公式サイト
https://sekajulive.com/

(C)世界一受けたい授業 THE LIVE製作委員会

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』