シチュエーション1つで最高にも最悪にもなるキス

彼とのを深めることが出来るキスをするには、どのようなシチュエーションが効果的なのでしょうか。

たまには雰囲気を変えて、いつもと違うキスを経験したいですよね。

そこで今回は、素敵なキスシチュエーションを3つ、ご紹介いたします。

■雰囲気重視のロマンチックキス

観覧車のてっぺんや水族館映画館の薄暗い雰囲気の中などは、キスをするにはもってこいのシチュエーション

そんなデートスポットに定番と言われているような場所でのキスは、やはり女子の憧れですよね。

『周りに見られるかもしれない』という緊感も、2人のキスをさらにドキドキさせてくれます。

普段、外でベタベタするのは得意じゃないという彼も、密室であることや周りが薄暗いことで積極的になってくれるかもしれませんね。

いつものようにいちゃいちゃしている時のキスとはべものにならない程のロマンチックさに、2人のも深まるはず。

デート帰りの不意打ちキス

デートの帰り、まだ名残惜しいというようなキスクラッとくる女子は多いですよね。

楽しかったデートだからこそ、別れ際にキスをしてほしいと密かに思ってしまうものです。

しかし実際に、そうは思っていても恥ずかしくて言えないというのが乙女コロ

そんな彼女の気持ちを知ってか知らずか、別れ際に不意打ちキスをする彼の男らしさには思わず惚れ直してしまいます。

彼もデートの別れ際は名残惜しいはず。

そんな彼に「またね」と言われ、そっとキスをされた時には、「まだ帰りたくない…」とつい言ってしまいそうになりますね。

■適度に心地良いほろ酔いキス

お酒が入ってほろ酔い気分になると、人との距離が近くなりますよね。

そんなとき、相手が好きな人だと『キスをしたい』と思ってしまうのが自然な流れ。

シラフのときとべ、酔っているときのキスは心身共にかなり心地が良いもの。

お酒を借りて、自分からキスを迫るのも悪くありませんね。

流れに身を任せてしっとりとしたキスをしたあとは、2人の周りをいい雰囲気がうこと間違いなし。

たまには大胆に身をさらけ出してみてはいかがでしょうか。

きっと素敵な時間があなたを待っているはずです。

いかがでしたか?

受け身になるばかりではなく、あなたからもアクションを起こすことで、いつもと違った雰囲気を彼も感じ取ってくれるはず。

普段とは違う、少しだけ特別なキスをしたいと思ったら、その場の空気を作るところから始めてみてください。

素敵なシチュエーションで、2人のはどんどん育まれていくことでしょう。(きえお/ライター

カツ編集部)

iStock-155443710 (1)