中国全土にり巡らされた高速鉄道網。中国人の足として利用されている中国高速鉄道において、議論の的となりがちなのが内販売の弁当の質だ。中国メディアの快資はこのほど、日本を含む々で販売されている駅弁を紹介する記事を掲載し、中国弁当の質がいかに低いかを強調している。

 中国高速鉄道で販売される弁当は「値段が高い割に味が悪く、量も少ない」として、中国人からの評判は悪い。そこで記事は、「日本フランススペイン」の鉄道で販売されている弁当を紹介し、「どの弁当食べてみたいと思うか」と問いかけた。

 新幹線中国高速鉄道ハード面で較されることはよくあることだが、日本駅弁については「地域の特色に溢れ、種類も豊富である」と紹介し、中国との大きな違いは、「構内の各所で駅弁が販売されていて、乗前に購入できること」だと摘。それで、「内販売と構内の駅弁屋では販売されている弁当の種類が違い、異なった駅弁を体験できるのも魅」だと論じた。

 次にフランス駅弁については、「当初は評判があまり良くなかったが、業者を変えてから種類が増え、ニーズに配慮して毎年メニューが変更されるなどの善が見られている」ことを紹介した。また、ネット上でメニューを見ることができるうえ、値段も高くなく、さらに値引きされるサービスもあるようだと伝えた。

 最後にスペインについては、「基本的に車両食堂車はなく、サンドイッチが売られている程度」とした。ただし、ビジネスクラスや一等には食事のサービスがあり、ミシュランガイドを獲得している店が料理提供していると紹介。料理の価格は乗車券に含まれているがやはり高いため、多くの乗客は簡単な食べ物として「サンドイッチ」を持参するという。

 このように各には様々な鉄道飯があり、それぞれ地元のスタイルがあることが分かる。中国されるスタイルと言えばやはり「カップラーメン」が不動の地位を獲得しているのだが、近年は内に匂いがこもるという理由でカップラーメンは禁止となっているが、それでもカップラーメンを食べる乗客は後を絶たないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

新幹線と中国高速鉄道、「弁当」を比べてみると「中国は完全に敗北」=中国メディア