ドイツプレミアムブランドMiele(ミーレ)は、イタリアミラノにおいて2 年毎に行われる世界最大の際キッチン
見本Eurocucina ( ユーロチーナ) において、新製品を発表いたします。今回、焦点をあてるのは2018 年ドイツで発売される革新的な庭用調理機器「Dialog Oven」(ダイアロオーブン)。ユーロチーナの会場で大規模なブース展開を行うのみならず、ミラ内トルトーナ地区で特別なイベント会場を設け、お客様を「趣きある食の路」へご案内いたします。

ユーロチーナ会場 ( 会場番号:FTK hall B 11) では、プレミアム電製品の世界トップメーカーとして換気機が内蔵されたTwoInOne クッカーや、SmartLine モジュラー式調理ユニットなど最新のイノベーションをお披露します。調理機器のSmartLine については、ユーザーガス、IH、カウンタートップ換気を自由に組み合わせることが可です。多的であるが、デザイン性に優れているという、新しいスタンダードが生まれたと考えています。(ミーレ電製品事業ユニット開発責任者、ゲルノット・トレッテンブレイン

また、ミーレにとって2018 年のユーロチーナにおける役は、紛れもなくダイアロオーブンとなります。展示ブースのテーマを「Revolutionary Excellence ( 革新的な卓越性)」と題し、ダイアロオーブンで、従来の調理手法と異なる複数の周波からなる電磁波を組み合わせた新しい調理を行います。使用されている電磁波は通常の電子レンジべ非常に弱く、穏やかですが、調理する食材の深くまで到達します。常に2つのアンテナで調理工程を観察しながら、必要に応じ電磁波の出に調整を加えます。

IH 調理が登場して以来、最大のイノベーション
ダイアロオーブンは、最短で素晴らしい結果を得られる調理方法をお手軽にご庭に取り入れて欲しいとの想いのもとで開発されました。オーブントレー上に全く異なる食材を並べていても、同じ調理時間ですべての素材を美味しく調理したり、氷の塊の中に閉じ込めたを、氷を溶かすことなく調理することすら可です。々は、IH 調理が発明されて以来、最大のイノベーションの躍進であると考えております。(開発責任ゲルノット・トレッテンブレイン)また、今年のユーロチーナ会場のミーレブースの広さは1,200メートルにも及び、ブランドに特徴的な色にられた巨大なが印的です。電機器と同様に、垂直にすっきりと並ぶ要素が時代に左右されない、巧みでエレガントな印を与えます。また、カフェエリア過去最大の広さで、150 席をご用意しています。クッキングアリーナでは、実際に稼働しているダイアロオーブンをお客様に体験いただくことが可です。また、現在のミーレ製品の中で重要な存在であるスチームオーブンは、今年で発売35 周年を迎える為、特別なお料理等をご用意し、ミーレブースを祝賀ムードで盛り上げて参ります。

"Creating New Daimensions" / Milano Fouri Salone 2018
ミラ内のトルトーナ地区では、「Creating New Dimensions(新たな局面を創造する)。」と題したミーレのイベント会場で、ダイアロオーブンの製品デモンストレーションとプレゼンテーションを実施いたします。ここでは、ダイアロオーブン素晴らしい世界を通じ、「趣きある食の路」をお客様にご体験頂きたいと思います(開発責任者、ゲルノット・トレッテンブレイン)。トルトーナ地区のイベント会場の一般向け開は、住所:Padiglione Visconti Via Tortona 58 にて、4 16 日~ 22 日まで、開催致します。

Event outline
Milano Salone EuroCucina 2018
Revolutionary Excellence
会期: 4 17 日(火)~ 22 日(日)
時間: 9.30 am - 6.30 pm
会場: EuroCucina 会場番号:FTK hall B 11
Milan Fairgrounds, Rho (Milan)
Entrance gates: Porta Est, Porta Sud, Porta Ovest
Milano Fouri Salone 2018
Creating New Dimensions
会期: 4 16 日()~ 22 日(日)
時間: 4/16 15.00 - 18.00
4/17-20 10.00 - 18.00
4/21-22 12.00 - 21.00
会場: Padiglione Visconti Via Tortona 58 Milano

https://prtimes.jp/a/?f=d26008-20180409-6894.pdf

配信元企業:ミーレ・ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ