「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケア日本法人イケアジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長ヘレン・フォン・ライス)は、世界各地から8名のコンテンポラリーアーティストと伝統的なスウェーデンアートガラス職人コラボレーションによる、クリスタルガラスフィギュア、「IKEA アートイベント 2018」の限定コレクションの発売を4月よりスタートしました。

みんなのためのデザイン
イケアは、長きにわたって機的なデザインをおめやすい価格で世界中の皆さまにお届けしてきました。IKEA アートイベント 2018は、アートをギャラリー美術館の中だけではなく、気軽に暮らしのなかに取り入れられるようにすることで、多くの人に開かれたものにすることを的にしています。テーマは、どんな部屋にも置けて、の中に活気と美と楽しさをもたらすアート作品です。

マンガデザイナーズトイ・アニメ × スウェーデン伝統アートガラス工芸
今年は日本人を含む8名の世界で活躍する若手アーティストが、それぞれクリスタルガラスフィギュアデザイン。ほとんどのアーティストはこれまでガラスを扱ったことがなく、新しい素材ならではの難しさや可性に挑戦しました。

ハンドメイドフィギュア制作にあたり、イケア創業の地のほど近く、スモーランド地方に位置する創業1890年のMålerås(モーレロース)ガラス工房で、世界有数の技術を誇るガラス職人たちとアーティストたちがコラボレーションしました。そしてできあがったのが8つのクリスタルガラスフィギュア。どれも表情豊かで、遊び心と親しみがあり、内側にそれぞれの世界を宿しています。

「伝統的な手工芸を、若者によるアートと組み合わせたらどうなるのか、見てみたいと思いました。新しい世代にアートガラスを知ってもらうきっかけになりそうな、おもしろいものになったと思います。ガラスという、昔からの伝統ある素材と向き合ったことで、この素材をコンテンポラリーアートの場へ引き上げるきっかけになりました」(当プロジェクトクリエティブ・リーダーHenrik Most

参加アーティスト
MICHAEL LAU 香港アーティスト
「私はアート作品の一つひとつにソウルが宿っていると考えています。両と舌は“toy”の文字みたいになっていて、全体のフォルムはソウルを思わせます」

COARSE ドイツ人デュオ Mark LandwehrとSven Waschk
デザインしたキツネは、シャイで、傷つきやすく、怖がり。いつも警心があって、でも攻撃ではなく、キツネ同士の中では彼女アウトサイダーなんだ」

ARKIV VILMANSA インドネシアの画デザイナー
「このフィギュアの名前は《Hira》。“いい夢”という意味です。私たちのこれまでの人生を抽的に視覚化してみました。究極の地に至るための権争いに、はまりこんでいるキャラクターです。伝えたかったのは、人生シンプルだということ」

JUNKO MIZUNO水野純子 アメリカを拠点に活動する日本人アーティスト
60年代終わりから70年代初めのビンテージフィギュアインスピレーションに、シンプルだけど美しいフィギュアをつくろうと思いました。自分がの人間なので、彼女を《Nocturnal》と名付けました。今回もデザインしていました!」

NATHAN JUREVICIUS オーストラリアアーティストイラストレーター&トイデザイナー
フクロウリトアニア系の自分にとって大事な一部。リトアニア神話にはフクロウがたくさん出てきます。フクロウ夜行性だから、このフィギュアは《Sutemos》と名付けました。夕暮れという意味です。夕暮れどきは自身、一番クリエティブになれる、一番アイデアが出てくる時間帯でもあります」

LUDVIG LÖFGREN スウェーデン認定ガラス職人
「この玉のように、強いシンボルを取り上げるのが好きです。ターコイズは”邪悪なまなざし”からの守護を意味します。シンボルを取り上げるのが好きなのは、その歴史を掘り下げていくことができるから。幾層もレイヤーがあって、多くの人にとって意味のある、厳密なメッセージがあります」

IKEA ART EVENT 2018概要
販売期間:2018年4月1日~ ※在庫がなくなり次第終了
コレクション概要世界アーティスト8名によるクリスタルガラスフィギュア
価格:¥3,999/1ピース 全8種類
詳細:
PC
https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/collections/29579/
Mobile
https://m.ikea.com/jp/ja/pages/news/201843_nwvm01a

商品(抜

配信元企業イケアジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ