スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』(4月20日)より、映画史に名を刻んできたエンターテインメント大作へのオマージュアートが開された。

 『レディ・プレイヤー1』は今から27年後、なりたい自分になれる夢のVRワールドオアシス」で生きる人類が、創設者の遺言「3つのを解いた者に全財産56兆円とこの世界の全てをさずける」をめぐって全世界を巻き込む争奪戦を繰り広げるSFアドベンチャーDCコミックス悪役ハーレイ・クインや「ストリートファイターシリーズ春麗ハローキティガンダムなど日人気キャラクターが共演することでも話題を呼んでいる。

 そんな今作がどんな夢でもかなえられる世界を舞台にしていることから配給会社のえた今回のオマージュアートが実現。主人公ウェイドの「オアシス」でのアバターが、スピルバーグ監督製作揮を務めた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティをはじめ『マトリックス』『ブレードランナー』『グーニーズ』『ランボー』の役になりきり、どんな姿にもなれるという映画世界観を表現した。

 「にとってこの映画で達成するべき最も重要なことは、人々が笑って楽しんでくれること。そして映画を観た後に、『レディ・プレイヤー1』のことに関してかに話したくて仕方ないと思ってもらうことなんだ」とスピルバーグ監督は、「今まで私はカメラの後ろから示を出して映画を作ってきたけど、この映画ではファンの皆の隣に座って一緒に楽しむために映画を撮影したんだよ」と思いを明かしている。(編集部・小松未)

すげ~! - (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED