阪神電気鉄道株式会社阪急電鉄株式会社は、「梅田1丁1番地計画(阪神百貨店阪神梅田本店)の入居する大阪ビルディング及び新阪急ビルの建替計画)」(阪急阪神不動産株式会社が開発業務を担当)を2014年10月から推し進めてまいりましたが、本年4月27日)にI期棟が工するとともに、6月1日)からテナントとなる阪神百貨店が部分開業することとなりましたので、お知らせします。

あわせて、ビル名称を大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定しました。そして、本計画が全体工を迎える2022年には、阪急百貨店阪急うめだ本店)が入居する梅田阪急ビルを大阪梅田ツインタワーズ・ノース」称し、近接する両ビルを大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。この名称は、阪急阪神ホールディングスグループの最重要拠点である大阪梅田の中心に位置し、グループ徴する2棟の高層タワーを、大阪以外の地域や海外の方々からの分かりやすさを考えて命名したものです。
また、全体工時に開業を予定しているオフィスゾーン(地上11階~38階)のコンセプトについても決定しましたので、お知らせします。

なお、本計画は当初の予定どおり順調に進捗しており、本年6月から大阪ビルディング西側の解体工事に着手し、II期工事を進めてまいります。

本件の概要
1.工日、施設の概要及びビルの名称について
(1)工日(I期棟)
 2018年4月27日
 ・阪神百貨店の部分開業は、2018年6月1日)を予定しています。
(2)施設の概要(I期棟)
 ・階数 地下3階地上13階
 ・な用途 百貨店
 ・構造 造(地下部:筋コンクリート造)
 ・延床面積 約76,000メートル
 ・施設構成 阪神百貨店(地下1階~地上9階)
 ※店舗構成等の詳細は株式会社阪急阪神百貨店の発表をご覧ください。
 ※オフィスゾーン及びカンファレンゾーンの開業は、2022年の全体工時を予定しています。
(3)ビルの名称
 1:名称
 「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」
 本計画が全体工を迎える2022年に、阪急百貨店阪急うめだ本店)が入居する梅田阪急ビルを「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。
 2:命名理由
 阪急阪神ホールディングスグループの最重要拠点である大阪梅田の中心に位置し、グループ徴する2棟の高層タワーを、大阪以外の地域や海外の方々からの分かりやすさを考えて命名したものです。
2.オフィスコンセプトについて
(1)つながる梅田の中心
 ・本計画は、梅田地区において阪急阪神ホールディングスグループ運営する多くのビル(ハービスOSAKAENT梅田阪急ビル、阪急ターミナルビルなど)の中心に位置しています。各ビルが提供する施設サービスソフトサービスを相互に利用できるようにするなど、梅田における企業活動やオフィスワーカーの生活を、阪急阪神グループの総合を活かして広範囲にサポートします。
 ・カンファレンゾーンや貸会議室、コワーキングスペースなど、ビジネス交流・際交流を促進する拠点を導入し、入居企業ビジネスだけでなく、大阪梅田際競争の強化にも貢献します。
(2)おもてなしサービスの溢れるビル
 ・12階に本ビルで働くオフィスワーカー専用のサービスロアを設置します。同サービスロアには、オフィスワーカーや入居企業の多様なニーズに応えるオフィスコンシェルジュサービスのほか、商談・食事・懇親会など様々なシーン活用できるプレミアムラウンジやワーカーズカフェを導入します。
 ・ハードソフトの両面から防災のサポートを行います。また、非常時においては、入居企業の事業継続オフィスワーカーの安全・安心を確保します。
(3)ウェルビーイングを実感
 ・執務間はもちろんのこと、心身のリフレッシュが可オフィスワーカー専用のフロア溢れる屋上広場など、ゆとりある共用間を整備し、ビル全体でオフィスワーカーが健やかに働くことができる環境提供し、一人ひとりがウェルビーイング※を実感できるようにします。

※ウェルビーイングWell-Being
1946年の世界保健機関(WHO)案において、「健康」を定義した記述の中で「良好な状態(Well-Being)」として用いられた言葉で、個人の権利や自己実現が保障され、身体的・精的・社会的に良好な状態にあること(幸せな気持ちでいられること)を意味する。

なお、本日付けで本計画のオフィスゾーンに関するホームページを開設しています。
URLhttp://www.hanshin.co.jp/twin-south/

3.当面の予定
2018年6月から大阪ビルディング西側の解体工事に着手する予定です。


ご参考梅田1丁1番地計画」の概要
本計画地は大阪の中心地である梅田地区にあり、大阪メインストリートの一つである御堂筋の北側の起点に位置しています。本計画では、両ビル間の道路の上活用した建替と周辺共施設整備を一体的に行うことにより、都市の高度化や防災機の強化、共的間の創出、良好な観の形成等を図り、際競争の強化に資する快適で質の高い街づくりを進めています。
同所に誕生する「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」は、百貨店ゾーンオフィスゾーンのほか、梅田地区におけるビジネス活動の活性化に資するカンファレンゾーンからなり、カンファレンゾーンは、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用することとしています。更に、ビル周辺では、地下・地上・デッキレベルでの3層歩行者ネットワークを強化し、の回遊性を高めます。
完成予想イメージパース ※今後変更になる場合があります。
【左】計画地周辺図 【右】DBJ Green Building認証 「5つ星」を取得
用途構成イメージ図(全体竣工時)
1.「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の概要
百貨店ゾーン2018年6月1日に部分開業]
新しくなる阪神百貨店阪神梅田本店)は、解体工事前と同規模(延床面積:約100,000メートル)で、フロア数は11層(地下2階から地上9階まで)を計画しています。
また、店舗づくりにおいては、品えの充実を図るとともに、快適な売場環境を整備し、様々なイベントを通じてライフスタイルの提案を行うことで、都心の一等地にふさわしい存在感と競争のある商業施設をします。
なお、建替工事は、百貨店の営業を継続しながら進めていきます。

[以下、全体工時に開業予定]
オフィスゾーン
 高層部分(地上11階~38階)に、最新の設備を備えた、西日本最大規模※の1フロア当たり面積約4,500メートル天井高2.9mの開放感あふれる大オフィスを整備します。
2000年以降に工したオフィスビルを対
カンファレンゾーン
 道路建築利用することで生まれる大間を活用し、地上11階に約4,000メートルカンファレンゾーンを整備します。カンファレンゾーンを“ビジネス情報発信の場”、“際的に活躍する人材育成の場”、“多様な人材による交流の場”として活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、際競争の強化に資することをします。また、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用することで、防災機の強化にも貢献します。
スカイロビー
 オフィスゾーン11階には、スカイロビーを整備し、オフィスワーカーや来者に開放するとともに、ギャラリー等の情報発信の場としても活用できるようにします。スカイロビーには、地上部から大エレベーターで直接アクセスすることが可で、またスカイロビーと百貨店ゾーンエスカレーターで繋がります。
屋上広場
 低層部分の屋上において、賑わいと交流の場を創出するために屋上広場を整備するとともに、都市環境善に資する屋上化等を行い、同ビルのオフィスワーカーや来者向けにゆとりと潤いのある豊かな間を形成します。また、当該広場を災害時における一時避難スペースとしても活用します。
「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の概要
2.な周辺共施設整備等の概要
大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の周辺では、地下・地上・デッキレベルの3層歩行者ネットワークを強化することにより、歩行者間の快適性と利便性の向上を図り、周辺地域の活性化や都市の再生に貢献します。
■地下
 ・東西地下道都市計画道路大阪駅1号線)の拡幅整備及び日常維持管理
 ・敷地周辺のバリアフリー
 ・敷地周辺の地下道の整備
■地上
 ・敷地周辺歩の拡幅、美装化及び日常維持管理
 ・広場間の整備(計画地西側における敷地内)
デッキレベル
 ・阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩の美装化・耐震性向上
 ・敷地内通路の整備
整備等のイメージ図
3.工事施行計画の概要

(施工は株式会社竹中工務店)

 1:I期工事(新阪急ビル解体工事着手) 2014年10月1日
 2: 〃 (大阪ビルディング東側解体工事着手) 2015年2月18日
 3: 〃 (大阪梅田ツインタワーズ・サウスI期部分新築工事着手) 2015年7月21日
 4:I期工事工(新阪急ビル、大阪ビルディング東側部分)
   ※新百貨店の部分開業 2018年6月1日 2018年4月27日
 5:II期工事(大阪ビルディング西側解体工事着手) 2018年6月
 6: 〃 (大阪梅田ツインタワーズ・サウスII期部分新築工事着手) 2019年
 7:II期工事工(新百貨店部分)
   ※新百貨店の全面開業 2021年
 8:全体
   ※オフィス部分の開業 2022年
【I期工事】大阪神ビルディング東側及び新阪急ビルの解体・新築工事
【II期工事】大阪神ビルディング西側の解体・新築工事

阪急阪神ホールディングス株式会社 http://www.hankyu-hanshin.co.jp/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5864.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1




配信元企業阪急阪神ホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ