8日のロッテ戦(東京ドーム)で違和感を訴え降板していた

 日本ハムは9日、宮西尚生投手が都内の病院で精密検査を受け「左背筋の炎症」と診断されたことを発表した。

 宮西は8日のロッテ戦(東京ドーム)の延長10回に4番手としてマウンドに上がったが2四球を与え、続く荻野の初球を投げ緊急降板していた。10日以降の出場は当日の様子を見て判断する。(Full-Count編集部)

日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】