寝方にはその人の性格が表れることがあります。仰向けで眠る人は精神的に強く静かな人だとか、うつ伏せで眠る人は遊び心のある人だとか。今回紹介するのはカップルの寝方による関係性の診断です。

1:抱き合いながら眠る

これは付き合い立てのカップルに多く見られガチな寝方。ということで、短期間に燃え上がった愛情を表していることがありそう。例えばエッチの後だったり、遠距離恋愛中のカップルだったり。要するに相手のことが愛おしくてたまらないという関係である可能性が高い。

もし付き合いが長いカップルの寝相がこれなら、出会った頃の愛が失われていない証拠かもしれません。しかし、悪い場合もあります。極端に近すぎる関係性はお互いに依存しがちになったり頼りすぎたり、離れて眠ることができなくなってしまう恐れがあるのだとか。

愛おしさもほどほどに。

2:足だけを絡ませる

どちらかが相手の足に自分の足を絡ませるようにして眠るというスタイルは欲求不満の表れかもしれません。

絡ませている方が性的に満足しておらず、相手にちょっかいを出したいという心理の表れである可能性があります。もしくは相手とスキンシップをはかりたいが拒まれてしまうことを恐れているのかも。

もしパートナーが足だけを絡ませてくるのだとしたら、夜の営みを見直してみた方がよさそうです。もしあなたが絡ませている側だとしたら、夜の営みについて話し合ってみることをオススメします。

3:お互いに背を向けて寝る

お互いに背中を向け合って寝るカップルはお互いに信頼し合っている、もしくは二人の関係に安心している可能性が高いといわれています。例えば長い付き合いのカップルはその落ち着いた関係性からベッドでの執拗なスキンシップを過度には求めなくなっていくもの。

もし背中合わせの寝方をしているのなら、安定した関係であることに自信をもっていいのではないでしょうか。

4:もはや別々のベッド

別居中であるとか、セックスレスの夫婦に見られガチな寝方。

寝室が別という夫婦はそうでない夫婦と比べて離婚率が高いといわれています。その原因は様々ですが、夫婦の寝室が別であるということが離婚の直接的な原因になることはあまりないのだとか。しかし、何かしらの原因があって寝室をわけているケースや寝室をわけたが故にセックスレスになって離婚に至るというケースは考えられます。

とはいえ、寝室をわけたらストレスが減って夫婦仲が良くなったというケースもあるので、一概にその善悪を判断することはできません。とはいえ、寝室を別けた理由によっては夫婦仲に亀裂が生まれてしまう恐れは十分にあります。

同棲中のカップルや週末しか合わないというカップルなのにベッドを別けているという場合は二人の関係を見直してみた方がいいかもしれません。

いかがでしたか?

睡眠は誰しもが必要なものですが、その寝方には深層心理が深く関わっているケースがあります。今回はカップルの寝方によってその関係性を診断してみました。参考にしてみてください。(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)

iStock-700184976 (1)