最速160キロ&抜群スプリット、敵チームの度肝抜いた大谷翔平

 8日(日本時間9日)のアスレチックス戦で本拠地初先発登板に臨み、2勝を手にしたエンゼルス大谷翔平。7回1死まで全投球という圧巻の内容で、7回1安打1四球12奪三振を記録した。先頭から19者連続り。20ヒットを放ったアスレチックスの2番打者マーカスセミエンが大谷との対決についてっている。アスレチックスの球団公式サイトが伝えている。

 打者として3試合連発で度肝を抜いた二刀流右腕が今度は投手として全驚愕させた。初回3者連続三振に仕留める圧巻の立ち上がりを見せると、最速99.6マイル(約160キロ)のファストボールと切れ味抜群のスプリットを軸に7回まで毎回の12三振をすべて空振りで奪った。味方打線が序盤から得点を重ねる中、敵打者をねじ伏せ、7回1死一、二塁のピンチを迎えても4番デービスを投ゴロ、5番オルソンをスプリット空振三振と崩れなかった。

 一時は完全試合かと思わせる圧巻のピッチングに、初ヒットの場面では本拠地から拍手が沸き起こったほど。球場には試合後、「オオタニ・コール」もいた。

 エンゼルスが6-1で勝利した試合後、相手球団の公式サイトもこの一戦をレポート。大谷安打投球を阻止したセミエンらのコメントを伝えた。

敵将「今日はもっと良くなったように見えた」

 ヒットを放つまで2打席とも三振を喫していたセミエンは「自分としては高めの速球を狙っていて、最初の2打席では来なかった」と振り返り、「さらに速球は99マイル(約159キロ)あったから苦労した。ヒットした時はやっとゾーン高めの速球が来た。こういうアプローチだったけど、彼がミスをしないなら、ただあがくしかない」と脱帽したという。

 一方、アスレチックスを率いるボブメルビン監督も記事の中で「(大谷は)今日はもっと良くなったように見えた。意図的な配球をしていて、それが彼の速球をより良くさせていた。さらに彼は本当にいいスプリットを持っている。スプリットと速球の球速差やストライクゾーン低めにスプリットを制球されたら、打つのはかなり大変だ」とその投球を称賛し、「彼はいい選手だと々は理解したよ。とてもいい打者でもある。期待に応えたと言えるね。それは特に序盤において難しいことだ」と投打でその実を認めている。

 また、この日1番で出場したジョイスも「明らかにオオタニは今日素晴らしい仕事をして、期待に応えたよ」と賛辞を贈ったという。

 野手として4試合で打率.389、3本塁打、7打点。投手としては2先発で2勝0敗、18奪三振、被打率.093防御率2.08。二刀流右腕が見せる怒涛の勢いはどこまで続くのか。開幕10試合にしてくもメジャートップ級の注度となっている。(Full-Count編集部)

本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】