埼玉県飯能市は、移住政策“農のある暮らし”「飯住まい」制度を推進しています。
この制度は、飯能市の立地や自然環境を活かして、平日は都内へ通勤し、
休日は豊かな自然に囲まれて田舎暮らしを満喫しながら、
農にふれる暮らしができることが最大の魅です。
このたび、飯能市として初めての移住ガイド『“農のある暮らし”「飯住まい」』を発行し、
4月11日)から配布を開始します。

“農のある暮らし”「飯住まい」サイト https://www.city.hanno.lg.jp/nounoarukurashi



飯能市は、近年の人口減少に伴い、移住政策の実施や子育て支援策の充実など、
さまざまな取り組みを実施しています。
移住ガイド『“農のある暮らし”「飯住まい」』は「飯能市への移住」をテーマに、
飯能市の住みやすさや魅的な環境外の方に知っていただき、
移住を考えるきっかけとなるような情報を発信するガイブックです。

移住ガイド『“農のある暮らし”「飯能住まい」』表紙イメージ

 「観光ガイドはあっても生活線のガイドがない…」という
移住検討者のを活かし、本書は、移住者ご家族二組のリアル
暮らしのタイムスケジュール、店舗情報などの観光線ではなく
生活線でのおすすめスポット、医療機関スーパーコンビニエンスストアの数や
土地の価格など移住を検討する段階から移住後の生活にあたって、
必要な情報を中心に掲載しています。


掲載内容
・“農のある暮らし”「飯住まい」制度の説明
・移住者ご家族インタビュー/“農のある暮らし”「飯住まい」ってどうですか?
コラム/飯住まいでかなえる理想の
アクセスーどこへ行くのも近くて便利なまち―
・子育てー子どもたちの未来を創るまちづくり―
アクティティイベント―充実したアクティティで楽しく暮らせるまち―
・飯の暮らし&生活―データで見る「飯能市」―
・「飯住まい」住宅完成までの流れ
飯能市おすすめスポット1~11
移住ガイド『“農のある暮らし”「飯能住まい」』イメージ
移住ガイド『“農のある暮らし”「飯能住まい」』イメージ


■移住ガイド『“農のある暮らし”「飯住まい」』概要
名称
移住ガイド『“農のある暮らし”「飯住まい」』

仕様
A5サイズ フルカラー16ページ

配布開始
4月11日

配布場所
埼玉県移住相談口「住むなら埼玉移住サポートセンター」など
東京都千代田区有楽町2丁10−1東京交通会館8F)

“農のある暮らし”「飯住まい」制度について
都心から約50kmに位置しながらも豊かな自然に恵まれた飯能市特性を生かし、
庭菜園や農地利用など、ライフスタイルに応じた“農のある暮らし”を送っていただき、
移住・定住や地域の活性化を図ることを的とした制度です。
本制度は、優良田園住宅※制度に飯能市独自の“農のある暮らし”を組み合わせたもので、
本制度を利用して対となる内南高麗地区に住宅を建築し移住すると、
飯能市から最大285万円の補助が受けられます。

※農山村地域、都市の近郊その他の良好な自然環境を形成する地域に所在する
一戸建ての住宅で、国土交通省が定める基準を満たすもの

配信元企業飯能市

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ