ガーディアン・ガーデン(株式会社リクルートホールディングス運営/東京・銀座)では、「The Second Stage at GG」シリーズの47回目として、とんぼせんせい展「とんぼせんせいだよ!全員集合」を開催します。本シリーズは、ガーディアン・ガーデンの公募展入選者の中から、各界で活躍する作家の、その後の活動を伝えるための展覧会です。

とんぼせんせいは、シンプルな線で動物をアイコン化した平面作品で第9回グラフィック「1_WALL」ファイナリストに選出されました。その後も継続的に作品を発表。動物や女の子をモチーフにしたイラストだけでなく、ぬいぐるみや大型の顔抜きパネル、イラストを重ねた風景写真、時にこけしやお菓子にいたるまで、ジャンルやメディアを軽やかに超え、表現の幅を広げています。近年では本の装丁やCDのジャケット、レコード会社のキャラクター、ファッションブランドのアクセサリーなどにも起用されています。
「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトにイラストを描く、とんぼせんせい。本展では、各界で活躍するクリエイターの作品の中に三本の線が出現します。シンプルな線は、メディアを横断するだけでなく、クリエイターの作品にも入り込み、イラストレーションの新たな展開を提示します。このほか、ぬいぐるみなどの立体作品やバルーンなども展示。来場者が三本の線を用いて、思い思いに絵を描くワークショップスペースも会場に設けます。とんぼせんせいの三本線の笑顔が様々な表現によって一堂に会する展示をぜひご覧ください。


コラボレーション作品参加予定作家(五十音順・敬称略):
えぐちりか、大島慶一郎、川上恵莉子、菊地敦己、佐々木俊、白根ゆたんぽ、チーム未完成、都築潤、水野健一郎、宮下良介、安田昂弘

とんぼせんせい TOMBOSENSEI(イラストレーター):
「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに活動するイラストレーター。最果タヒ著「きみの言い訳は最高の芸術」や、スモール出版「DIALOGUE BOOKS」シリーズへのイラスト提供、ポニーキャニオンのキャラクターディレクションなどを行う。その他、個展・グループ展・イベント参加など多数。第9回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト。

■概要
会期:2018年5月8日(火)-6月1日(金)11:00-19:00 日曜休館、入場無料
※オープニングパーティー 2018年5月8日(火)19:00-20:30

■トークイベント「とんぼせんせいどうでしょう?」※参加無料、要予約
日時:2018年5月24日(木)19:10-20:40
菊地敦己(アートディレクター)×徳山拓一(森美術館アソシエイト・キュレイター)×とんぼせんせい

詳細はウェブサイトよりご確認ください。
http://rcc.recruit.co.jp/gg/related_post/event/20180319_32710.html

配信元企業:株式会社リクルートホールディングス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ