009271.jpg

2018年4月9日)より東京帝国劇場で開幕するミュージカル1789-バスティーユの人たち-』キャストによる会見が4月8日(日)に行われ、ロナン役(Wキャスト)の小池徹平加藤和樹、オランプ役(Wキャスト)の神田沙也加と夢咲ねねマリー・アントワネット役(Wキャスト)の凰稀かなめ龍真咲が登壇。2年ぶりの再演となる本作への意気込みをった。

18世紀末フランスを舞台に、革命に身を投じる農夫ロナンと宮廷に仕える女・オランプ恋愛動の時代が描かれるフレンチ・ロックミュージカル1789-バスティーユの人たち-』は、2012年フランス製作され、2016年には東宝版初演が上演され鮮音楽と洗練された演出が話題を呼び大ヒットを記録。

『1789』囲み会見02

初演に引き続きロナン役を演じる小池は「2年前に演じた時よりも各々がさらにブラッシュアップしているのを感じています!Wキャストとの違いも感じながら、お客様に楽しんでいただける作品になったと思います」と自信をのぞかせる一方で「2年前よりは体の節々はちょっと痛いかなっていうのはありますね。ダンスしいので足に来ますし、肺が重いです。演後にはちょっと冷やすなど、意識して体のケアをしていこうと思います」と苦笑い。

『1789』囲み会見03

それを受けて加藤も「初めてダンスナンバーを稽古でやった時に、意外と体が覚えているしスムーズに行けたなと思ったのですが、翌日に来まして・・・(笑)」とっ気たっぷりに答え、小池と顔を見合わせる一幕も。「2年という時間を自分の中でしっかりと感じながら、徹ちゃん(小池)も言ったように体のケアに気を付けながら、長い演を乗り切りたいと思います」と言葉を続けた。

『1789』囲み会見04

また本作は女性な衣も話題。オランプ役の神田は「この美しいドレスを再び着られるのが本当に楽しみで、稽古で着させていただいた時も袖のバラデザインや、一つ一つのディテールに見惚れていました」とり、夢咲も「衣装たちが並んでいるのを見るだけでもテンションが上がりますし、アクセサリー可愛いんです。神田さんの衣とは、デザインが一緒でも生地が違ったり色味もちょっと違っていたりするので、そこも見ていて楽しいのではないかと思います」と笑顔を見せた。

『1789』囲み会見05

マリー・アントワネット役の凰稀が「作品の中で一番なのがマリー・アントワネットの衣。最初にゴンドラで登場するシーンいドレスが一番重くて、2年ぶりに着てもにきます(笑)」と答えたのに対し、初出演のは「私はいつも着ておりますので、苦労などございません」と、役になりきった涼しげな表情で答えて会場の笑いを誘った。

また、今頭に「第43回菊田一夫演劇賞」の受賞が発表された神田は「個人的に一つの標としていた賞だったので、受賞の知らせを聞いた時は泣きましたし嬉しかったです。とはいえ、受賞に舞い上がることなく、より一層地に足をつけて、自信だったり、誇りだったり、皆と調和していくパワーに変えて、『1789』に貢献していけたらなと思います」と引き締まった表情でった。

最後に、ロナン役の二人から「いよいよ明日から始まりますが、全員が胸をって皆さんにお送りできる作品になっていると思います。皆で一体となってこの『1789』を盛り上げ、一緒に熱くなりたいなと思っています。よろしくお願いします!」(小池)、「2年前に“ミュージカル界に革命を起こす”と銘打って上演された作品でしたが、また新たな革命を皆様にお届けすることができると思っております。ぜひご期待ください」(加藤)と強いコメントがあり、会見は終了した。

ミュージカル1789-バスティーユの人たち-』は4月9日)から5月12日(土)まで東京帝国劇場にて上演される。その後、大阪福岡を巡演。詳細は以下のとおり。

東京演】4月9日)~5月12日(土) 帝国劇場
大阪演】6月2日(土)~6月25日) 新歌舞伎
福岡演】7月3日(火)~7月30日) 博多

(取材・文・撮影/近藤明子)

009271.jpg