中島愛ライブツアーMegumi Nakajima Live Tour 2018 "Curiosity of Love"」の最終演が、昨日4月8日東京Zepp Tokyoで行われた。

【大きな画像をもっと見る】

最新アルバムCuriosity」を携え、東名阪3都市で展開された今回のツアー中島ツアーを行うのは2012年の「と~るりーす presents 中島愛 3rd Live Tour 2012 ~とことんBe With You!~」以来実に6年ぶりで、最終演の会場となったZepp Tokyoは、彼女テレビアニメマクロスF」のキャラクターランカ・リーとしてデビューライブマクロスFスーパーライブデビューランカ・リー with シェリル・ノーム』」を行った思い出の場所だ。2008年7月27日デビューライブからまもなく10周年というタイミングでこのステージに戻ってきた中島は、立っているステージの床を触りながら「あのときからこの床は変わってないのかな? いろいろと味のある床……ここで歌ったんですね。感慨深いです」と振り返った。

ライブアルバムCuriosity」のオープニングを飾ったナンバーサブマリーン」からスタート。じわじわと高揚感を高めるSEから西脇辰弥Key)、村石行(Dr)、坂本太(B)、外園一(G)の生演奏へと切り替わり、いドレスを着た中島が姿を現わすと大きな歓が上がる。続いてヒャダイン書き下ろしのアッパーチューンLife's The Party Time!!」、さらにランカ・リー中島愛デビュー曲「星間飛行」、2010年発表の1stアルバムI love you」からのナンバーラブレター」と新旧織り交ぜた選曲でライブは冒頭から大きな盛り上がりを見せた。活動休止を経ての6年ぶりのツアーを心から楽しんでいる様子の中島は、冒頭の挨拶から観客との会話のやりとりでついついしゃべりすぎてしまう。そして「今日ツアーファイナルですが、とにかく一杯楽しんで、気持ちよくみんなでいい時間を過ごせたらと思います」と宣言した。

復帰第2弾シングル「サタデー・ナイト・クエスチョン」のカップリングナンバーはぐれ小鳥明けの」でライブを再開させた中島は、ここから「Curiosity」収録曲を連発。エレクトサウンドの「Odyssey」、ソウルフルな「思い出に変わるまで」、洋楽テイストの「Jewel」、オリエタルバラードウソキザクラ」とバリエーションに富んだ楽曲でさまざまな表情を見せた。また今回のツアーでは中盤に「マクロスF」関連楽曲からチョイスした1曲をアコースティックアレンジで歌うコーナーが用意されており、ツアー初日の愛知Zepp Nagoyaでは「そうだよ。」が、2大阪Zepp Osaka Baysideでは「Songbird」が披露された。ツアーファイナルチョイスされたのは、劇中歌として歌われた坂本真綾作詞の「蒼のエーテル」。中島は「大人になればなるほどいてくる大好きなバラードを」とこの曲を紹介し、シンプルアコースティックサウンドに乗せて歌い上げた。

アコースティックコーナーが終わると場内は暗転し、ものものしいSEからCMJK作・編曲の「未来の記憶」へ。アウトロでは坂本ベースソロムーンウォークを披露して場内を沸かせる。幕間でなドレスへと衣装チェンジした中島は続けて「残像のアヴァロン」を熱唱。アルバムCuriosity」の中でもとりわけしくフィクショナルな楽曲を並べてムードを一変させた。復帰第1弾シングル「ワタシノカイ」からライブは終盤戦へと突入し、「最高の間」では村石のパワフルドラムソロも炸裂。この日3曲となるランカ楽曲「アナタノオト」では緑色、「色~君を好きになってよかった」では色のペンライトがフロア一面に広がり、最後はアルバムCuriosity」のラストを飾る「して」で締めくくられた。

アンコールを受けて再びステージに上がった中島バンドメンバーは、コールレスポンスで盛り上がる「Hello!」と「はめぐる」の2曲を披露。中島は本来「はめぐる」を歌う前に入れる予定だったバンド紹介を忘れてしまうほどのハイテンションステージをエンジョイしていた。「もう1回!」コールを受けてのダブルアンコールでは、「あー、終わっちゃう終わっちゃう。終わっちゃうよー」とツアー終了を惜しみつつ、中島はここで年内にニューシングルタイトル未定)の発売が決定したことと、自身が29歳の誕生日を迎える6月5日デビュー10周年記念特番の生配信を行うことを発表した。そして「10年活動してこられたのは本当に皆さんのおかげです。1人ひとりに支えられて、私は今ここに立てているんです。これからは歩みを止めることなく活動していきたいと思うので、ぜひこれからもを貸してください。一緒に楽しみましょう!」とめてファンへの感謝を伝えると、最後にもう1曲「サタデー・ナイト・クエスチョン」をパフォーマンス。「復帰後初で6年ぶりのツアーで、どのくらいの方に興味を持ってもらえるかと思ってたんですけど……本当に私は幸せ者ですね。長い10年だったけど、まだまだたったの10年です。これから10年、20年、おばあちゃんになるまでを大切に、音楽って楽しいなという時間を共有できる存在としてステージに立っていたいと今日心から思いました」と笑顔ステージをあとにした。

2008年6月ランカ・リー中島愛としてのデビューからまもなく10周年を迎える中島5月27日には東京自由学園明日館講堂にて、甲斐みのりとの対談集「音楽が教えてくれたこと」の発売記念トークイベント乙女歌謡のすすめ」を行う。

中島愛「Megumi Nakajima Live Tour 2018 "Curiosity of Love"」
2018年4月8日 Zepp Tokyo セットリスト

01. サブマリーン
02. Life's The Party Time!!
03. 星間飛行
04. ラブレター
05. はぐれ小鳥明けの
06. Odyssey
07. 思い出に変わるまで
08. Jewel
09. ウソキザクラ
10. 蒼のエーテル
11. 未来の記憶
12. 残像のアヴァロン
13. ワタシノカイ
14. 最高の
15. アナタノオト
16. 色~君を好きになってよかった
17. して
アンコール
18. Hello!
19. はめぐる
ダブルアンコール
20. サタデー・ナイト・クエスチョン

「音楽が教えてくれたこと」刊行記念 甲斐みのり×中島 愛 トークセッション「乙女歌謡のすすめ」

2018年5月27日(日)東京都 自由学園明日館講堂
[1部]OPEN 13:30 / START 14:00
[2部]OPEN 16:30 / START 17:00
<出演者>
甲斐みのり / 中島愛

中島愛「Megumi Nakajima Live Tour 2018 "Curiosity of Love"」最終公演の様子。(撮影:小境勝巳)