エステーは4月9日の提供番組から順次、ニオイがつかない防虫剤の定番「ムシューダ」の“超ベタな”新CM「そこにいる」編の放映を開始する。

数多くの奇抜なCMで知られる同社だが、昨今は一般の人たちが独自のアプローチかつ自由な動画を投稿する激変の時代。そのため、今回は元モーニング娘。の高橋愛とムシューダ定番のキャラクター・ムッシュ熊雄を起用しつつ、あえて「おもいきり素のアイデアと素の映像制作」で勝負することにしたという。

そうして出来上がったのが“超ベタな”CM。「特殊な映像作りを一切避けて、誰でも作れる世界をプロが作ったらこうなる」という、どこまでもベタに仕上げた、エステーからの“ベタな挑戦状”だ。

具体的には、どこにでもありそうなベタなお部屋のセット、流れる曲はシンプルな3コードにベタな歌詞、ムシの衣装もベタ、熊雄も相変わらずベタな動き、そして、クローゼットのムシを追い出すという超ベタな展開、といった具合。

これまで数々のエステーCMの制作を手掛けてきたベテランチームは、「どうも最近頭が固くなっているのでは?」との反省から、今回は入社3年目の若手女性クリエーターに白羽の矢を立て、企画のすべてを託したそうだ。