ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長クリスフウリガン、以下「ヤンセン」)は、日本学会とともにJanssen Psoriasis Award(ヤンセン・ソラアシス・アワード、以下「本アワード」)を創設し、本日より募を開始しました。
 本アワードでは、癬および癬類縁疾患の病態解明や治療の発展に寄与した研究成果に対し褒賞を授与し、表を行います。癬および癬類縁疾患は、未だ病態が解明されておらず、根治療法が見つかっていないアンメットニーズの高い疾患群です。患者さんの良くなりたいという気持ちに応えるため、本アワードを通じて研究者による病態の解明や治療の発展を後押しすることをします。なお、本アワードの募集および選考、受賞者決定までの全てを日本学会が行い、ヤンセンは2018年より3年間にわたりスポンサーを担います。

 日本学会理事長の大槻マミ太郎先生は次のように述べています。「今回、病態解明がなされていない疾患領域に、ヤンセン・ソラアシス・アワードが設立されたことを大変喜ばしく思います。この表をきっかけに若手皮膚科医による研究が促され、病態解明が進むことを期待しています。また、日本から海外に向けた研究成果発表の活性化にも繋がることを願っています。」

 本アワードは、癬領域におけるヤンセンのコミットメントをさらに強固にするものです。ヤンセンは今後も、未だ満たされない医療ニーズに応えることで、患者さんのQOL向上に尽していきます。

Janssen Psoriasis Awardについて
褒賞の種類
基礎研究賞
:3名(グループの筆頭著者)
褒章:150万円、100万円、50万円

臨床研究賞
:3名(グループの筆頭著者)
褒章:150万円、100万円、50万円

学会発表賞
:10~20名(グループの筆頭著者)
褒章:10~20万円/名

2018年度の募期間
平成304月9日) ~ 平成307月5日(木)

その他の詳細は、日本学会ホームページhttp://jspr.umin.jp/)をご覧ください。

癬について
癬は、皮膚細胞異常増殖をきたす慢性の自己免疫性炎症性疾患で、起した炎症性のみを帯びた皮白色の細かいかさぶたに覆われたような鱗(りんせつ)が特徴で、一部の患者さんは関節の腫れや痛みを引き起こすこともあります。世界には癬患者が1億2,500万人、日本には43万人いると推定されています1‐4。また癬類縁疾患とは、蹠膿疱症や稽留性肢端皮膚炎、疱状膿痂などをします。

日本学会について
日本学会癬の病因究明、治療法の開発および全疫学調を行い、癬に関する医療の向上をして結成された学術研究学会です。1986年の第1回日本癬研究会以後、年1回学術大会が開催されています。

参考文献
1 National Psoriasis Foundation. Psoriasis Fact Sheet. https://www.psoriasis.org/sites/default/files/psoriasis_fact_sheet.pdf.  Accessed January 24, 2017.
2 Parisi R, et al. Global Epidemiology of Psoriasis: A Systematic Review. J Invest Dermatol. 2013;133:377-385.
3 The Dermatologist. World Psoriasis Day 2013 Puts A Face on the Skin Disease. http://www.the-dermatologist.com/node/2825 Accessed January 24, 2017
4 Kubota K. et al. BMJ Open. 2015 Jan 14;5(1)

ヤンセンについて
ジョンソンエンドジョンソングループ医薬品部門であるヤンセンは、病気のない世界を実現するために日々努しています。今までにない、より良い方法で疾患を予防・撲滅・治療・治癒し、人々の命に貢献することが私たちの望みです。そして、常に患者さんのことを考え、最も有望なサイエンスを追及しています。私たちヤンセンは、人々の希望と命を明日につなぐため、世界中とコラボレーションしています。さらに詳しい情報www.janssen.com/japanをご覧ください。

配信元企業:ヤンセンファーマ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ