韓国 100%エンターテインメントチャンネルMnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービスMnet Smart」を運営するCJ E&M Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安相) と、東海テレビ 放送株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長内田優)は、身長 180cm 以上のスーパ ージャイアンK-POPグループ Apeace(エーピース)のデビュー7周年記念演「Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE "Already in progress」を開催いたします。

2011 年 5 デビューした Apeace は、当初はメンバー21 人で東京・恵寿の専用劇場 K THEATER TOKYO を拠点にロングランの単独演を成し遂げ大きな話題に。2015 年 1 から専用劇場を飛び出し、現在 1 度の定期ライブベースに、バラエティMCモデル・舞台・ミュージカルなど個々の魅を活かし幅広い分野 で活躍。着実に日本での存在感を高めてきました。

そんな Apeace が今年デビュー7 周年を迎え、記念演となる「Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE "Already in progress」を名古屋にて行います。

1 部はファンミーティング、2 部はライブ形式の 2 部制で行われる「Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE "Already in progress」は、ハイタッチ会はもちろん、1 部ではメンバー全員との団体 写真撮影会も実施。その他 7 周年記念演となるだけに様々な企画を準備しています。 さらに番組化も決定!7 (予定)には東海テレビで、Mnet Japan では今放送いたします!メンバーのスペ シャルインタビューも見逃せません。 Apeaceデビュー7周年記念演「Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE "Already in progress」にぜひお越しください!

メンバー全員との団体写真撮影会について>
・1 部のファンミーティングでのみ実施いたします。
メンバー全員に対して 20 名前後のグループでの撮影を予定しております。

ハイタッチ会について>
・1 部 2 部ともに終演後に行います。
プレゼントの受け取りはお断りしております。
 ※ファンレターはロビーに設置するレターBOX にお入れください。

概要
演名】Apeace JAPAN debut 7th Anniversary SPECIAL TALK & LIVE "Already in progress
【日時】2018年5月27日(日) 第1部 12:00 開場 13:00 開演
    ファンミーティング 第2部 16:00 開場 17:00 開演 スペシャルライブ
【会場】テレピアホール(名古屋市東区 1-14-25 テレピアビル 2F)
    http://tokai-tv.com/telepia/access.html

【料】全席定 8,500(税込)

【チケット情報FC 先行(http://apeace.jp/) 受付期間:4 14 日(土)正午 12:00~4 18 日(23:59 当選発表:4 20 日() 一般発売:5 11 日(火)~ チケットボードにて販売

※1 人 1 申し込みにつき 4 枚まで購入可です ※チケットお申し込み時には必ずチケットボードの詳細内容をご確認の上、お申し込みください。

催】東海テレビ放送/CJ E&M JapanMnet)
【後援】Mnet / 東海ラジオ 【協】Container
【詳細】http://tokai-tv.com/events/apeace7thanniv/

イベントに関する問い合わせ先】 東海テレビ 事業部 052-954-1107 (平日 10:00~18:00)

Mnet】 http://jp.mnet.com/
韓国100%エンターテインメントチャンネルMnet と、日本初の韓流専門動画配信サービスMnet Smart運営 しています。最新 K-POP や話題の韓国ドラマだけでなく、様々なジャンル人気コンテンツをお届けしています。ス カパー!、全ケーブルテレビほかで視聴可

東海テレビhttp://tokai-tv.com
今年、開局 60 周年を迎えた 東海 3 県をサービスエリアとするテレビジョン放送局です。地域の人々の期待に応 える番組・情報をお届けして います。また、各種事業イベントを行ったり、福・文化・際交流活動を通して地域 に貢献しています。

配信元企業:CJ E&M Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ