先月にアブダビで、マンCオーナーと会談したと英紙報道

 マンチェスター・シティは現地時間7日、プレミアリーグ第33節でマンチェスター・ユナイテッドとのマンチェスター・ダービーに臨み、勝てば優勝という状況のなかで2点のリードから逆転を許し、2-3で敗戦。今節での優勝は決まらなかった。そんなシティの指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督が、このたび契約延長交渉に合意し、2020年まで契約を結ぶだろうと英メディアで伝えられている。

 2016年夏にバイエルン・ミュンヘンを離れ、シティの指揮官となったグアルディオラ監督は、プレミア初年度となった昨季こそ3位に終わったが、今季は第32節終了時点で27勝3分2敗の圧倒的な成績で首位を独走している。

 7日の試合で2位の宿敵ユナイテッドに敗れ、両者のポイント差は13に縮まったが、ここからよほどの番狂わせがない限り、シティの優勝は固いと言っていいだろう。

 そんな功績と手腕が評価されたグアルディオラ監督は、先月にアブダビでオーナーと会談を持っていたことが明らかになったと、英紙「デイリー・ミラー」が報道。「ペップ・グアルディオラはマンチェスター・シティと年俸2000万ポンド(約30億円)で新規契約した」と伝えている。


CLリバプール戦で大逆転勝利を収め花を添えられるか

 また来夏に契約が切れるグアルディオラ監督は、今季印象的なシーズンを過ごしていることからクラブに滞在したいと願っており、この契約が実現すれば2020年までシティに留まることになり、「世界で最も報酬の高い監督になる」としている。

 先週のミッドウィークに行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦では、イングランド勢対決となった一戦でリバプールに0-3で敗れ、週末にはリーグ戦でユナイテッドに敗戦と、ここにきて連敗を喫する形となった“ペップ・シティ”。10日にはCL準々決勝第2戦が行われるが、ここで結果を残すことで新契約に花を添えることができるだろうか。


(Football ZONE web編集部)

シティを率いるグアルディオラ監督、2020年まで契約延長合意か【写真:Getty Images】