パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が、6日に行われたリーガMX後期第14節のプエブラ戦を、有料メルマガコンテンツCHANGE THE WORLD by KSK』で振り返った。

 先発した本田は2ゴールの活躍で勝利に貢献。ワントラップからシュートを放った先制点は「イメージが良かった」と話す。

「まず動き出しのポイントとしては、裏へ抜けるか、DFの手前で行くかというのを、センターバックが引きつけられるタイミングによって決めようと思っていて。結構、ぎりぎりまで待った。もしセンターバックが裏へく動いて、も裏でもらっていたら、シュートには行けてなかったと思うんですよね。でも相手が出るのが遅かった」

「結構ぎりぎりまで待って、急にスピードアップするようにした。それがうまく行き、シュートまでは行けるな、あとは決めるだけという感じでした。まあ、イメージが良かった。GKゴールの位置がああいう時は、の中でセオリーがあって。ニアに打ったら絶対に入るというセオリーがある」

 さらに、ブラジルワールドカップでのゴールと同じ感覚だったと続ける。「コートジボワール戦のゴールもまったく同じ。あの時も今回も、一切ゴールは見てないです」。コートジボワール戦はスローインの流れでDF長友佑都からパスを受けると、ワンタッチシュートを放った。

カウンターか、カウンターじゃないかは違いますけど、シュートの形は一緒ですよね。トラップの時に大体イメージを作っていた」

 3月ベルギー遠征で約半年ぶりに日本代表に復帰した本田は、に見える結果を残すことができなかった。それでも、パチューカでは後期だけで6ゴールを記録。試合終了後に自身のツイッターで「限界を決めるな!」とつぶやいたように、メキシコ必死アピールを続けている。

本田圭佑オフシャルメルマガの承認を得て一部抜、掲載しています。

先制点を決めた本田。後半にもミドルシュートを決めて、チームを勝利へ導いた [写真]=Getty Images