今年開業30周年を迎えるANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市中央区、総支配人:イアン・イーカーズ)と、同じく今年開通30周年を迎えた北神急行電鉄株式会社(神戸市北区、社長:辰馬秀彦)は、初めてのコラボレーション企画を実施。「ANAクラウンプラザホテル神戸 & 北神急行電鉄 30周年記念 電車ケーキ」を4月16日(月)~5月31日(木)の期間、4階ティーラウンジ「ザ・ラウンジ」で販売いたします。
2018年9月29日に開業30周年を迎えるANAクラウンプラザホテル神戸と、4月2日に開通30周年を迎えた北神急行電鉄株式会社。ホテル階下の地下3階には北神急行電鉄「新神戸駅」もあり、両社の30周年をともに祝福したいという思いから、この度の企画が実現しました。

「電車ケーキ」はホテルパティシエが、新神戸駅から谷上駅まで続くトンネルを抜ける車両の光景にインスピレーションを受け、北神急行電鉄監修のもと制作。山を表現した土台のケーキは、ホワイトチョコレートムースとラズベリームースを重ね、周りをピスタチオのグラサージュでコーティング。トンネル、7000系車両、レールはチョコレートを使って、細部までこだわりリアルさを追求しました。

また、販売期間中はケーキの写真を使いデザインした30周年記念ヘッドマークが、北神急行電鉄車両に掲出されます。

パティシエがひとつひとつ丁寧に手作りする「電車ケーキ」。神戸の山の手でともに30周年を迎える記念すべきこの機会に、ぜひお子様とご一緒にお楽しみください。

「ANAクラウンプラザホテル神戸 & 北神急行電鉄 30周年記念 電車ケーキ」
販売期間:
 2018年4月16日(月)~5月31日(木)
価格:
 4,000円(税金込)
サイズ:
 4号(直径12cm)、高さ 約13cm
 ※1日3台限定(2日前までに要予約)
<「電車ケーキ」 イメージ>
北神急行電鉄の車両にて、「電車ケーキ」の写真を使いデザインしたヘッドマークを掲出
期間:
 2018年4月16日(月)~5月31日(木)
 ※掲出期間および車両は予告なく変更する場合がございます。
  ヘッドマーク掲出列車の運用に関するお問合せはご遠慮願います。
<ヘッドマーク イメージ>
 ※記載内容は、予告なく変更する場合がございます。
 ※食物アレルギーをお持ちのお客様は、事前にお申し出ください。
 ※写真はイメージです。 ご予約・お問い合わせ
4F ティーラウンジ ザ・ラウンジ Tel 078-291-1273
営業時間 8:00am~6:00pm (L.O. 5:45pm)


ANAクラウンプラザホテル神戸について
ANAクラウンプラザホテル神戸は、新幹線の新神戸駅に隣接する37階の高層ホテルで、神戸のランドマークホテルとして知られています。便利なロケーションのみならず、立食パーティーで最大2,500名を収容する宴会場など、宴会やウエディング等の施設も充実しています。
また、宿泊においては、神戸市内でも最大規模の593室の客室を誇ります。さらに4フロア76室、ホテル最上階に位置する専用ラウンジからなるクラブフロアでは、ワンランク上のサービスを提供。神戸市で最高層のホテルとして、神戸の美しい夜景を堪能するスポットとしても知られています。
2010年1月20日、グローバルな高級ホテルブランドのクラウンプラザとANAホテルの共同ブランドホテルとして展開するANAクラウンプラザホテルのブランドに生まれ変わりました。
URL: http://www.anacrowneplaza-kobe.jp/

ANAクラウンプラザホテルについて
ANAクラウンプラザホテルは、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが運営する、ANA ホテルとクラウンプラザの共同ブランドホテルとして、現在、日本全国20都市(釧路、稚内、千歳、札幌、新潟、富山、金沢、成田、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、宇部、米子、福岡、長崎、熊本、那覇)で合計5,000 室以上を展開し、国内のネットワークを拡大しています。クラウンプラザホテルズ&リゾーツは、世界有数のホテルグループであるインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)が運営する、上質な施設とサービスを兼ね備えた高級ホテルブランドの1つです。現在、世界約60カ国以上で約410ホテルが運営され、さらに86ホテルが開業準備中です。
URL: http://www.anacrowneplaza.com

北神急行電鉄株式会社 http://www.hokushinkyuko.co.jp/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5867.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

配信元企業:阪急阪神ホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ