ユーザーデータを不正に取り扱ったとして非難が続いているソーシャルネットワーキングサイトFacebookですが、ご意見番として知られるApple共同設立者のスティーブ・ウォズニアック氏がFacebookを辞めたことが明らかになりました。

Eメールがあればやっていける

「ユーザーは生活のすべての詳細をFacebookに提供し、Facebookはそれをもとに多額の広告費を稼いでいる」と、ウォズニアック氏はメールで述べました。「利益はユーザー情報がもとになっているが、ユーザーは何の見返りも得られない」と同氏は続けました。
 
ウォズニアック氏は、無料でFacebookで利用して個人情報を広告に使用されるぐらいなら、料金を払ったほうがましとの意見を持っているようで、同時にAppleのプライバシーに関する姿勢を称賛しています。
 
「Appleはユーザーからではなく、良い製品からお金を稼いでいる」と、ウォズニアック氏はAppleのビジネスモデルの正当性を主張しました。「Facebookでは、ユーザーそのものが製品となる」と、同氏は付け加えました。
 
ウォズニアック氏は現地時間の8日、「今Facebookを辞める手続き中だ。ネガティブな要素がポジティブなものを上回った。Appleは自分のことを共有するのにより安全な方法を提供している。Eメールとテキストメッセージで何とかするよ」とのメッセージを投稿した後、Facebookを退会したとされています。
 
 
Source:USA Today
Photo:Gage/Wikimedia
(lexi)

Apple共同設立者のスティーブ・ウォズニアック氏、Facebookを退会