W杯開幕約2カ前に異例の人事を断行

 日本サッカー協会JFA)は9日、JFAハウス記者会見を行い、日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督の解任を発表。併せて、西野朗技術委員長の後任監督就任を発表し、約2カ後に迫ったロシアワールドカップW杯)を前に異例の人事が断行された。

 6大会連続のW杯出場を前にした日本代表震が走った。8日深夜に突如として電撃解任の一方が伝えられ、それを受ける形で9日午前に16時から記者会見を実施することを発表。会見に登壇したJFA田嶋幸三会長は、7日付けでハリルホジッチ監督の解任が決まったことを伝え、後任監督として「W杯までたった2カしかない」との理由で西野技術委員長の名前を読み上げた。

 W杯出場決定後の監督交代は、日本サッカー史上初の出来事となった。

 ハリルホジッチ監督八百長関与疑惑で解任されたハビエル・アギーレ監督の後任として、2015年3月日本代表監督に就任。W杯アジア最終予選を首位で突破し、チームを6大会連続6回W杯出場に導いた。

 だが、昨年11月欧州遠征でブラジル(1-3)、ベルギー(0-1)に連敗。内組で臨んだ12月のE-1選手権では北朝鮮に1-0、中国に2-1と連勝も、続く韓国戦で1-4と惨敗を喫した。そうして迎えた今年3月ベルギー遠征では、W杯で対戦するセネガルポーランドを想定し、マリ戦(1-1)とウクライナ戦(1-2)が組まれたものの、1分1敗で内容も伴わずに課題が噴出。選手も不安を口にするなど本大会に向けて暗が漂っていた。

 後任に名された西野氏は、日本代表監督初就任。1996年アトランタ五輪代表を率い、初戦でブラジルに1-0と勝利する「マイアミの奇跡」を起こした。その後は柏レイソルガンバ大阪ヴィッセル神戸名古屋グランパス監督を歴任し、G大阪監督時代には攻撃的なサッカー確立してJリーグ優勝、AFCチャンピオンズリーグ制覇を果たした。

 1998年フランスW杯2010年南アフリカW杯を率いた岡田武史監督以来、史上2人日本人監督として本大会に臨むことになった西野氏。W杯約2カ前という異例の時期に大ナタが振るわれた日本代表を、歓喜に導けるだろうか。(Football ZONE web編集部)

日本サッカー協会は9日、ハリル監督を解任し西野氏の後任監督就任を発表【写真:Getty Images】