LINEは4月9日、AIスピーカー「Clova WAVE」を使ってIoT家電を音声操作できる機能「Clova Home」の提供を始めた。第1弾として、ネットにつながるLED照明「Philips Hue」と連携し、照明を音声操作できるようにした。今後もさまざまなメーカーとの連携し、多様な機器への対応を進めるとしている。

【その他の画像】

 Clova WAVEからの音声操作でPhilips Hueのオン・オフや明るさ・色などの調整が可能になるほか、事前にロケーションの設定を行えば、「リビングの照明をつけて」など場所を指定した操作もできる。利用には、LINEアカウントとLINE Clovaアプリ、Hueアプリ・アカウントが必要。

 Clova WAVEは既に、赤外線対応家電の「音声リモコン」機能を備えており、Clova WAVEから赤外線の届く範囲の家電なら操作できたが、「Clova Home」はネット経由で操作するため、距離や配置場所の制限なく利用できる。

ニュースリリースより