今秋よりANAとコードシェアを開始するアリタリア。経営破綻後、未だ売却先が決まらないなかで、1社独占の人気路線の座席をANAに供給する背景に、会社再建への模索があるのでしょうか。

ANA×アリタリアで何が起きる?

2018年3月23日(金)、ANA(全日空)とイタリア-アリタリア航空が10月末からコードシェア便の運航を開始すると発表しました。成田〜ローマおよび成田〜ミラノ、ローマからイタリア国内6路線、成田から日本国内5路線でのコードシェアです。

この提携は、ANAのメリットはわかりやすいものでした。

JAL(日本航空)もANAもイタリアへ直行便を就航していた時期がありますが、2018年3月現在、運航しているのはアリタリアのみです。およそ8年間、アリタリアの1社独占路線で、いわゆる「相互乗り入れ」は行われていませんでした。そうしたなかでの今回の提携は、コードシェアではあるものの、日系キャリアによるイタリア線の復活。運航を行うのはアリタリアで、ANAが座席を買いとって販売。空港業務もアリタリアが行うため、ANAにとっては自社便開設と比べてコストがかなり安くすみます。

またイタリアは日本人にとって年間約40万人が訪れる人気の目的地(2015年観光庁統計)。そのうえ、ヨーロッパ各地への乗り継ぎ旅客なども含めて直行便の搭乗率は高く、席を埋めるのは難しいものではありません。また、ミラノやローマからのネットワークを広げられ、イタリアでの認知度も上がります。知名度が上がれば、2020年東京五輪の訪日需要をさらなる追い風にすることもできるでしょう。自社のサイトで日本各地からローマやミラノへの往復チケットを販売でき、日本の国内区間の売り上げにもつながるなど、様々なメリットがあります。

では、アリタリアのメリットは何があるでしょうか。

見えづらいアリタリアのメリット

コードシェアにおける航空会社のメリットのひとつに、地方発の直行便ほか満席になりにくい便の座席を複数社で分け合い、それぞれのネットワークを活用して座席を埋めることが挙げられます。「空いている座席を埋める」ことに大きな意味があるのです。しかし、成田発という利便性の高い首都圏からの直行便の座席を、ANAに分け与えるアリタリアのメリットはわかりにくいものといえます。

ANAとアリタリアの包括提携発表の記者会見の際、双方が目的を「イタリア路線の旅客数の拡充」といいました。しかし、座席数が増えるのではなく、一部(座席配分は不明)をANAに供給する形になるだけです。記者会見に臨んだアリタリアのマッシモ・イラチ最高戦略・オペレーション執行役員は、「イタリア人を日本各地への飛行機での旅へと誘う」とも答えていましたが、双方の旅客は、あくまでも国際線からの乗り継ぎでコードシェアの国内区間を利用できるにすぎません。法規制により、イタリア人がアリタリア航空のコードシェア便で、成田〜沖縄といった日本の国内区間だけを購入することはできないのです。

提携により、日本人のイタリア国内におけるアリタリア搭乗率が高まるかといえば、コードシェア便でANAのマイルを少しでも積算したい人の利用者は増えるでしょう。ただ、イタリアにはLCCもあれば、鉄道やバスなど陸路が発達していて価格も安く、高速鉄道の存在も含めて、飛躍的にコードシェアの国内線利用者が増えるかは疑問です。

経営破綻のアリタリアの思惑に「セカンド・ステップ」?

アリタリアが経営破綻したのは2017年5月。その後、出資先が決まらず、現在は管財人が経営を続けています。そうしたなかでの提携に、記者会見でANAからの資本出資の有無が問われました。会見では双方が「現状そういった話はありません」と否定しています。さらに、搭乗率が高い路線でANAに座席を供給することのメリットについても質問がおよびましたが、アリタリアのイラチ氏は「これは、(相互乗り入れが)凍結していた日本とイタリアの関係性を進めるファースト・ステップです」と述べるにとどまりました。

提携が発表された時点でのアリタリアの諸事情は、8年に及ぶ日本とイタリア相互乗入れの「凍結」を憂うよりも、出資者探しの方が大きいことは想像に難くないでしょう。出資者なくば、日本からイタリアへの直行便消滅の危機にも直面するのです。

ANAの藤村修一常務執行役員(会見当時)によると、提携の話が持ち上がったのは「半年前」としています。提携発表の半年前といえば、2017年9月末頃。アリタリアが同年5月に経営破綻し、入札に名乗りを挙げた各社との交渉が難航していた時期と重なります。その後、入札期限であった10月までに交渉はまとまらず、期限が2018年4月に延期されました。アリタリアのファビオ・マリア・ラッツェリーニCCOは、その後に新聞社から受けたインタビューのなかで、複数社からの出資も視野に入れて再建を模索していると答えています。藤村氏の会見での発言によると、アリタリアとの提携話が「一気に進んだ」のは会見の「数カ月前」とのこと。これも、ラッツェリーニCCOが複数社からの出資を視野に入れていると発言したのと時期を同じくします。

出資なくしてメリットが見えづらいANAとの提携理由に「あくまでファースト・ステップ」と述べるにとどまったイラチ氏。ANAに利益をもたらした見返りとイタリア路線維持を盾に、経営再建に向けての出資要請のカードを切る「セカンド・ステップ」があるとすれば、この提携の双方のメリットが明確になるのではないでしょうか。

【写真】アリタリアカラーのランチア「ストラトス」

アリタリア航空の機体(画像:Przemyslaw Szablowski/123RF)。