台湾MSIは4月9日、マイニング向けマザーボード「B360-F PRO」と「H310-F PRO」を発表した。ともに4月10日より発売する。店頭予想価格(税別)は「B360-F PRO」が25,980円前後、「H310-F PRO」が22,580円前後。
○B360-F PRO

「B360-F PRO」は、Intel B360チップセットを採用するマイニング向けマザーボード。PCI Express 3.0 x16スロット×1基と、PCI Express 2.0 x1スロットを17基を搭載する。各スロットに安定した電源を供給できるよう、ボード上にMolex 4ピン補助電源×3基を装備。各PCI Expressスロット横には、デカップリングコンデンサも搭載する。

合計5台のATX電源を接続して電源を同期する「Power Sync機能」に対応。ボード上の24ピン電源コネクタ横に同期用コネクタを搭載し、同梱の24ピンアダプタを使うことで複数の電源の同期が行える。

背面のI/Oパネル部には、ブート失敗時のエラー部分を特定するための「EZ Debug LED」を搭載。各PCI Express スロット横にも、グラフィックスカードの状態を確認できる「Mining LED」を装備している。BIOSには「Miningモード」が用意されており、PCI Expressスロットの接続状況などを確認可能。主な仕様は以下の通り。

○H310-F PRO

「H310-F PRO」は、Intel H310チップセットを採用するモデル。PCI Express 2.0スロットが12基となっている以外、仕様や機能はB360-F PROとほぼ共通。
(リアクション)

画像提供:マイナビニュース