メンバー全員センター級のビジュアルを持つ韓国発の12人組新人ボーイグループTHE BOYZが、待望のセカンドミニアルバム『THE START』を4月3日に発売、記者会見とショーケースを開催した。

韓国で去年12月6日デビューをした新人K-POPボーイグループTHE BOYZ。デビュー日に4000人規模の会場で行ったデビューショーケースはチケットが即売、デビューアルバム『THE FIRST』は新人としては異例の7万枚の売り上げを記録した。音楽番組ではタイトル曲「Boy」がデビューしてわずか1ヵ1位補にノミネートされるなど、数々の新人らしからぬ記録を立し、各メディアから「パワー新人」と呼ばれている。

日本でもデビュー前から日本の最大手レコード会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとマネジメント契約を締結。今4月15日には幕張メッセ国際展示場ホールで行われる世界最大級のK-CultureフェスティバルKCON 2018 JAPAN』のメインステージにも出演が決まるなど、今もっとも注を集めている新人グループだ。

そんな彼らがセカンドミニアルバム『THE START』を引っ提げて、4月3日韓国クァンジン区にあるYES 24 LIVE HALLにてリリース記者会見とカムバックショーケースを開催した。ファン向けのショーケースは、チケットが販売されると同時に即売となり、ファンにとってはプレミアムショーケースとなった。記者会見では1階席を埋め尽くす多くの記者が集まり、THE BOYZの新曲リリースに対する関心の高さが見受けられた。

今回のアルバムについて、THE BOYZの班長であるサンヨンは、「デビューアルバム『THE FIRST』がたちを紹介するアルバムであるとしたら、今回の『THE START』はたちを見せるアルバムメンバーそれぞれの魅をお見せすることができる自身作です」とり、THE BOYZならではのユニークカラーが詰まっていることをアピール

今回のカムバック活動では、メンバーファルがけがにより活動不参加を発表。11人体制で挑むことについてジュヨンは、「本番前にファルテレビ電話をしました。残念がっていたけど、手術が成功して元気そうでよかったです。一刻もく回復して12人で活動したいです」とると、ファンからは温かい援が送られた。

2018年強いスタートを切ろう”という意味が込められた新曲「Giddy Up」。“に乗った王子”というコンセプトで撮影されたジャケット写真について、「2018年1月1日初日の出を見ながら撮影したもの」(ソヌ)と、アルバム名『THE START』にかけた特別な撮影エピソードも明かされた。

また記者から今年えたい夢について聞かれると、「2018年の新人賞を絶対に取りたい、必ず、必ず!」と強く宣言したチュハンニョン。その言葉のとおり、「Giddy Up」で新人賞に向けた強いスタートダッシュを切ることになる。

記者会見の後、8時からファンへの新曲初披露ショーケースが始まると、約4ヵぶりのショーケースに会場からは割れんばかりの黄色い歓が上がり、奮のあまりファンステージ前方へ押し寄せる様子にメンバーが驚く一面も。この日の模様は動画生配信アプリ「Vアプリ」にて世界中にライブ配信され、3万人をえる視聴者が見守る中、英語が堪ケビン中国語が話せるチュハンニョンが海外ファンに向けても挨拶日本語担当のジュヨンは「こんにちは。日本の皆さん、たちTHE BOYZがカムバックしました。日本でもく活動できるように頑りますので応援してください!」とぺきな日本語ファンを喜ばせた。

MCには人気お笑い芸人パクスルギを迎え、ファンメンバーたちとの今回の新曲に関するトークが繰り広げられた。今回のアルバムは「READY」「SET」「GO」の3バージョンがあるが、「READY」バージョンメンバー自ら直接デザインを手がけた。ステージ後方のスクリーンに、「READY」バージョンジャケットデザインが映し出されると、手に入れられなかったファンからは感動の歓が上がった。特にデザインディレクターとしてさまざまなアイデアを出して構成を考えたケビンは、「たちが撮影、デザイン、構成を考えたREADYバージョンが限定盤として発売されたのですが、発売と同時に即売と聞いてとてもうれしかったです」と照れながらも、めてファン感謝の気持ちを伝えた。

この日のショーケースでは「Giddy Up」以外に、ミニアルバムから収録曲2曲を初披露。「Text Me Back」はニューディスコ調のエレクトリックダンスナンバースクリーンに映し出されるカラフルポップ映像演出も合わせTHE BOYZの新たな一面を見ることができるオシャレな一曲。応援してくれるファンに向けてメンバー全員作詞に参加した「Just U」は、THE BOYZの甘い魅がたっぷり詰まったファンソングで、ファンを合わせながら歌う様子に観客は大奮の様子だった。

MCの「THE BOYZの魅は?」という質問には、「カメレオン」(エリック)、「ユニーク」(チュハンニョン)、「ビビンバ」(ソヌ)、「天然水」(NEW)、「パレット」(ケビン)、「木」(キュー)、「学校」(ジュヨン)、「プリズム」(ジェイコブ)、「科学」(ヨンフン)、「ザクロ」(ヨンフン)「磁石」(サンヨン)とそれぞれに個性的な答えでTHE BOYZのチームとしての魅を最大限にアピールした。

同日開されたタイトル曲「Giddy Up」のミュージックビデオMV)の映像が流れるとファンからはひときわ大きな歓が。ピンボールゲームの中にチームを着たメンバーが次々に現れる遊び心満載のインパクトあるMV現在ボーイグループのカムバックラッシュの中でそのを引く大胆なMVが話題となり、開わずか3日にして再生回数220万回以上を突破している。

そしてついに「Giddy Up」のパフォーマンス初披露するため、MVと同じチームに身を包んだメンバーが登場。ファンが一体となって援を送る中、“Run Run Run”ダンスや“イリャ!”ダンスが特徴の、パワフルエネルギーあふれるパフォーマンスで会場を魅了した。
この日、ファンのためにもうひとつ用意されたサプライズがあった。それはTHE BOYZの韓国ファンクラブ名の発表である。THE BOYZを応援してくれるファンは「ビタミン」のような存在であること、そして「THE BEST」という意味も込めてTHE BOYZから「B」を取って『THE B(ドビ)』に決定したことがメンバーから直接発表された。正式にファンクラブ名が発表されるとヒョンジェは、「THE Bの皆さん、まずはおめでとうございます!これからはたちの存在する理由が“THE B”になります」とめてTHE B=ファン感謝の気持ちを伝えた。

1時間以上にわたるTHE BOYZ初のカムバックショーケースは、大盛況のうちに幕を閉じた。今回の新曲「Giddy Up」で強いスタートを切り2018年を駆け抜けるTHE BOYZ。4月3日付の韓国のHANTEO CHARTではデイリーランキング1位を記録し、既に幸先いいスタートを切っている。今年の新人賞を狙う韓国ではもちろん、今後の日本の活動にもが離せない。
■「Giddy Up」MV
https://www.youtube.com/watch?v=DNH7X46gMjQ

オフシャルTwitter
THEBOYZJAPANhttps://twitter.com/THEBOYZJAPAN

■関連サイト
THE BOYZ JAPAN OFFICIAL WEB SITE:http://theboyz.jp/
KCON 2018 JAPANhttp://kconjapan.com/

■「THE START」販売サイト
ネットショッピング
Set Ver.: https://7net.omni7.jp/detail/1301389661
Go Ver.: https://7net.omni7.jp/detail/1301389661

配信元企業株式会社ソニーミュージックマーケティング

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ