ブラジルW杯16強に導いた古巣に復帰か…「面下で交渉を進め始めているようだ」

 サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が解任されたことが9日、発表された。ワールドカップW杯ロシア大会を前にしての電撃解任となったハリ監督は、かつて揮を執ったアルジェリア代表監督に復帰する可性が浮上している。アルジェリアメディアが報じている。

ハリルホジッチが日本を去る。アルジェリアはすでに交渉中?」と見出しを打って報じたのは、アルジェリア情報サイト「ALG24」だった。

 ハリ監督の解任発表前に更新された記事では「バヒド・ハリルホジッチは日本指揮官としての役割が終わりを迎える。W杯まで残り2かという段階で、親善試合の“不満足な”結果を受けて、解任を決断したとされている」と電撃解任を報じている。

 これを受け、同サッカー協会はキーラディン・ゼッチ会長スタッフ派遣し、「面下でハリルホジッチとの交渉を進め始めているようだ」と言及。2人の幹部を送り出し、フランスハリルホジッチとの交渉の場を設けているという。また、同会長ハリルホジッチ監督の復帰を前々から熱望していたことも紹介されている。

 ハリ監督は11年にアルジェリア代表監督に就任し、14年のブラジルW杯で同史上初の16強進出。この功績を受け、日本サッカー協会は15年3月に招へいに踏み切った。日本ではW杯最終予選を勝ち抜き、6大会連続6度の本大会出場に導いたが、3月欧州遠征では1分け1敗と勝てず。結果、内容ともに伴わず、解任論が沸き起こっていた。

 アルジェリアロシアW杯出場を逃している。日本を離れたハリ監督は、いまだ英雄視される古巣で再登板するかもしれない。(THE ANSWER編集部)

日本代表を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏【写真:Getty Images】