日本サッカー協会は9日、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した。

 ハリルホジッチ監督ハビエル・アギーレ氏の後任として、2015年3月日本代表指揮官に就任。2018 FIFAワールドカップ ロシアアジア最終予選では6勝2分け2敗の成績でグループBを首位で通過。6大会連続6度ワールドカップ出場権獲得に尽した。しかし、ワールドカップ出場決定後の際親善試合では成績が奮わず、内組のみで臨んだ12月のE-1選手権を除くと、ここまで1勝2分け3敗だった。

 3月27日ウクライナ代表戦後日本サッカー協会西野朗技術委員長は「もちろん継続して考えたい」とハリルホジッチ監督の続投を明言していたが、6月ワールドカップまで残り約2カタイミングで解任を決断した。なお、ハリルホジッチ監督はコートジボワール代表を率いた2010年にも本大会直前で解任されている。

 後任監督西野朗技術委員長に決定した。西野監督ガンバ大阪明治安田生命J1リーグ優勝や天皇杯優勝などを経験し、Jリーグ監督通算勝利数は、歴代1位270勝である。その実績を買われ、2016年3月から日本サッカー協会の技術委員長に就任していた。

 今後の日本代表スケジュールは以下の通り。

5月30日際親善試合 vsガーナ代表(日産スタジアム/日本
6月8日際親善試合 vsスイス代表(スタディオ・コルナレドスイス
6月12日(火)際親善試合 vsパラグアイ代表(チボリ・シュタディオン/オーストリア
6月19日(火)FIFAワールドカップ vsコロンビア代表(モルドヴィア・アリーナロシア
6月24日(日)FIFAワールドカップ vsセネガル代表(エカテリンブルク・アリーナロシア
6月28日(木)FIFAワールドカップ vsポーランド代表(ヴォルゴグラードアリーナロシア

後任監督に決まった西野朗技術委員長 [写真]=Getty Images