今年25周年を迎える人気劇団ナイロン100℃。その25周年記念演の第1弾『年の秘密』が4月7日本多劇場で開幕した。本作は東日本大震災の翌年2012年に初演され、劇団宰で作・演出のケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)が、人の生と死を見つめて描いた大河ドラマ。KERA自身が再演を熱望し、近年の自作の中でも渾身の出色作であると明言する本作が、25周年記念演として満を持しての再演にいたった。

【チケット情報はこちら】

イカティルダ(犬山イヌコ)と、生涯の親友となるコナ(峯村リエ)の友情と、彼女たちの親や兄弟、伴侶、子供たちの物語が紡がれ、ベイカの屋敷の庭にどっしりと立つ大きな楡の木に見守られながら、時は移ろい、人間模様が様々に展開してゆく。

ティルダは銀行ウィリアム廣川)とやさしいパオラ松永子)の裕福な庭に生まれ、変わり者の転校生コナと友情を結ぶ。同級生のリーザロッテ村岡希美)やチャド(みのすけ)と違い、ティルダはコナを大事に思う。ティルダのエース大倉孝二)はバスケット選手として大学推薦入学も決まり、の大きな期待を受ける。その頃のベイカには明るい空気が満ちていた。

エースの友人のカレル萩原聖人)の来訪に、ほのかな思いを寄せるティルダはらめる。隣人弁護士ブラックウッド(山西惇)もベイカを訪れ、大きな屋敷には様々な人々が集う。女中のメアリー長田奈麻)は、事を取り仕切りベイカの様々な人間模様を見ている。穏やかな彼女りによって、この大きな物語は進行してゆく。

未来をまだ知る由もい10代のティルダとコナ人生は、その後、それぞれが思わぬ展開に。時代を前後に行き来しながら、ふたりの人生の狭間に起こる出来事をコラージュのように見せてゆく手法によって、彼女たちの人生に何があったのか、どんな秘密が生まれ、そこにどんな真実があったのかが次第に紐解かれていく。

描かれる時代が変わる度、俳優が演じる年齢も変わっていくが、それを変幻自在に演じきるも圧巻。初演から6年の時を経た今回、ドラマはさらに深まり熟成された。いまを懸命に生きる人々に寄り添う作品にきっとなるに違いない。

本多劇場での東京演は4月30日・休)まで。その後、兵庫豊橋松本と各地をめぐる。チケットは発売中。

ナイロン100℃『百年の秘密』 撮影:引地信彦