毎週日曜日よる9時より放送中の、ダンス・ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEが全国各地の高校に突然現れ、イマドキ高校生ライフを体当たりレポートする青春応援バラエティ番組『GENERATIONS高校TV』。8日は、メンバーが応援するダンスプロジェクトで、GENEが応援するダンスが苦手な男子高校生が発表された。

 これは、6月9日に開催が予定されている『ポカリガチダンスFES』のダンサー応援プロジェクトの一環で、これまで過去2年『ポカリガチダンス選手権』が実施されていたが、今年はそれがパワーアップ。5000人がギネス世界記録を目指してオフィシャルチャレンジに挑戦し、その様子がテレビCMになる。今回『GENERATIONS高校TV』とのコラボ企画として、未経験・自信がなくてもOK、GENE高が徹底サポート・応援するというキャッチフレーズのもと、『ダンスは経験ないけど…カッコよく踊ってみたい』という男子高校生を大募集していた。

 そしてこのほど、GENEがお手伝いする高校生が決定!裕太は「鬼教官でいきますよ」と早くも意気込みを見せる。今回応援する男子高校生は、弓道部でダンス歴ゼロの中嶋陽太(17)くんで、「苦手でも、やればここまでできるということを知ってほしい」と意気込む。そして中嶋くんの『Y.M.C.A』を踊ってみたという動画を真剣な面持ちでチェックした隼、亜嵐、裕太の3人。

 音に手足がついていかなかったり、まごまごしながらも独特のリズム感のある動きをみせた中嶋くんのダンスに、メンバーたちは「いい表情だ!」と褒めつつも、「鬼教官」を自認する裕太は「ちょっとアレっすね…」「想像以上の子がきましたね」とコメント、隼も「僕は運動神経悪いので、ダンスをとると何もできないタイプなんですけど…、あんなにジャンプってできないもんなんですかね?手と足がすごいことになってた」と、苦戦を予感する。

 しかし裕太は「キレがあった」と、わずかな動きにキレがあったことを見逃しておらず、亜嵐も「表情ははなまる! あとは体がついてくればイイ感じなのでは!?」と、パフォーマンスするときに大切な表情には太鼓判。次週は、中嶋くんにメンバーが直接電話して、ダンスがうまくなるコツをアドバイスするとのこと。中嶋くんの潜在能力を引き出し、GENEは果たして上手く指導することができるのか!?今後の展開に期待がかかる。