LINEは4月9日、同社の音声アシスタント機能「Clova」がホームIoTサービス「Clova Home」に対応したことを発表した。

Clova Homeは、Clova対応デバイスを通して、インターネットに接続できる家電の音声操作が行えるホームIoTサービス。第一弾として、フィリップスの照明器具「Philips Hue」と連携し、音声で照明のオンオフ、明るさなどが調整可能となる。

たとえばClova対応のスマートスピーカー「Clova WAVE」や「Clova Friends」に向かって、「Clova 寝室の照明をつけて」と話すと、寝室の照明をつけてくれる。Clova Homeの対応製品は、サービス開始となった4月9日時点ではPhilips Hueのみだが、今後様々なメーカー製品と連携していくという。

Clova WAVEでは、リモコンの赤外線を記憶することで、テレビやエアコンといった家電製品を操作できるようになる「音声リモコン」機能を搭載しているが、音声リモコン機能を利用するには、Clova WAVEと家電製品を赤外線の届く範囲内に置き、かつ赤外線を遮る障害物を排除しておく必要があった。Clova Homeはネットワークを経由して家電を操作するため、距離や障害物の有無にかかわらず家電を操作できる。

なおClova Homeの利用には、自分のLINEアカウントとLINE Clovaアプリ、Hueアプリ・アカウントが必要。LINE Clovaアプリの対応OSは、iOS 9.0以降、Android 4.4以降。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース