こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。

今回は、職場でモテるためのテクニックを3つ紹介します。

僕の提唱する「恋愛リスクマネージメント」の「差別化」が社内恋愛のポイントになります。

付箋(ポストイット)を多用する

職場で好意を寄せる男性への、日常の伝達事項など、皆さんはどんな手段で伝えてますか?

たいていの女子はメールでしょうか?

それとも、直接、口頭でしょうか? そんな女子と差別化して、あなたの印象を残すとっておきの方法があります。

それは付箋に直筆で書いて、彼の机に貼っておくこと。

なぜ、ポストイットが効果的かというと、字体からあなたの人柄をすり込みすることができる(前提としてあなたの字体が綺麗、もしくは可愛らしいことが必要ですが……)。

そして、きちんとしているイメージ、ちゃんとしているイメージが残る。

そして何より、ちょっとした絵文字やマークをつけて間接的に好意があることが伝えられるといったメリットがあります。

忙しい合間に、あなたのメモックで、彼がほっこりすること間違いないです。

下の名前で呼ぶ

これも差別化のアプローチ。

苗字じゃなく下の名前で。あなたより後輩、または同期なら「○○くん」。

先輩なら「○○さん」。

他の女子とは、違う距離の詰め方、これも男性からするといつのまにか意識してしまうテクニック。

ただ、どのタイミングから呼ぶかが難しいところですよね。

今現在、既に、苗字で呼んでる場合は、飲み会など企画して気になる男性の名前について話題にふれるといいです。

例えば、名前の由来など聞くことであなたが彼の下の名前についてのインプットができたことが共有できたので、翌日から呼んだとしても違和感はそれほどないです。

一番楽なのは、ファーストコンタクトから下の名前で呼ぶことですね。

ちょっと恥ずかしいですが、これを乗り越えれば一気に彼に近づけます。

パーソナルスペースに入り込む

次は職場の中で、いかに相手のパーソナルスペースに自然に入りこむかという方法です。

このパーソナルスペースに入り込めさえすれば、相手の男性もドキドキして意識せざる負えない。

その一番いい方法は、好意のある男性に「ちょっと、教えて」とあなたの席に来てもらい、目の前のパソコンを一緒に見ながら教えてもらうこと。

必然にあなたと彼との距離は近くなる。

さらに言うなら、その時に男性の好きな香りをまとうこと。

やはり男性は皆、女性の髪の香りにはドキドキするもの。

「あの子、とってもいい香りがするという」嗅覚から攻めることも大事です。

ぜひ、職場に好意を寄せる男性がいれば、この3つを実践してみるといいですよ。(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

iStock-622919328 (1)