Blizzard Entertainmentの人気FPS『オーバーウォッチ』公式プロリーグ「オーバーウォッチリーグ」。Boston Uprisingの選手として同リーグに参加していた21歳のJonathan “DreamKazper” Sanchez選手に無期限の契約中断措置が取られています。

【大きい画像を見る】「オーバーウォッチリーグ」21歳の選手が14歳のファンへのセクハラで無期限の契約中断ー海外報道


海外メディアのPC Gamerによると、同選手はファンである14歳の少女に対してチャットアプリで卑猥な画像を送ったり、性的な発言を繰り返し行ったりしていたとのこと。また、真贋は不明ながら同選手と少女のやり取りが収められたスクリーンショットが流出しており、今回の騒動はこれらの画像を切っ掛けに発覚したものであると報じられています。

Statement from the Boston Uprising: pic.twitter.com/N06NmoDgfI— Boston Uprising (@BostonUprising) 2018年4月8日
これを受けたBoston Uprisingは、公式ツイッターにて声明を発表。セクハラ行為について具体的には触れなかったものの、同選手に対する申し立てを真摯に受け止め、同選手に無期限の契約中断措置を行うことを明らかにしました。

同メディアによると、今回の件に関してはBoston Uprisingとオーバーウォッチ・リーグの双方で詳細の調査を行っている最中であるとのこと。なお、同選手は今回の措置に対して記事執筆現在では具体的な声明を発表していません。【ほかの画像を見る】「オーバーウォッチリーグ」21歳の選手が14歳のファンへのセクハラで無期限の契約中断ー海外報道
「オーバーウォッチリーグ」21歳の選手が14歳のファンへのセクハラで無期限の契約中断ー海外報道