大島康徳オフィシャルブログより


 野球解説者の大島康徳氏が9日、自身のブログを更新。8日(日本時間9日)の対アスレチックス戦に登板し、7回を投げ、1安打無失点12奪三振と快投を演じたエンジェルスの大谷翔平について「彼はゾーンに入っている」と絶賛した。

 

 「スゴいですね!」と興奮気味に書き出した大島氏は、投手としても打者としても「何も申し上げることはございません」と、投打にわたる大谷翔平の活躍に脱帽。

 

 さらに自身がプロ野球解説者であることを引き合いに出し、「今の大谷選手に解説だなんだって…なんの言葉も要らないでしょう」と最大級の賛辞を贈った。


 「ただただ素晴らしい!」と締めくくったブログに対してファンからは、「投打にわたってこれだけ才能を発揮した選手を知りません。まさに野球の神の申し子」など賛同の声が相次いだ。中には、「我が家の孫に一人欲しい」といった声まで上がるなど、大谷フィーバーはしばらく続きそうだ。