AbemaTV開局 2 周年を記念し、2018年4月より8週にわたって放送する完全オリジナルの連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』で三浦翔平演じる主人公・藤村鉄平が書く「渋谷で働く鉄平の告白」ブログがオープンした。


 本ブログは、ドラマの役柄として書かれており、ドラマ本編で登場するシーンやそこでは描かれなかったリアルな心情などが書かれるブログとなっている。『綿あめパーティ in Shibuya』と題した初回投稿の記事では、ドラマの冒頭シーンでも登場するギャル男時代の内容が書かれており、公開された“ギャル男ショット”を見た人たちからは「ギャル男の写真似合いすぎててやばい!!」「こんなにイケメンなギャル男いたらやばすぎでしょ~!」と写真への反響や、「てっぺーさんまじカッコいいっす!天下とりましょ!」「大学もちゃんと行ってね!!すごいリアルなブログで更新楽しみ!ドラマも楽しみです」など役柄に対してやドラマへの期待のコメントが寄せられている。


『会社は学校じゃねぇんだよ』

 就職せずにベンチャー起業を志す若者が増えている世の中の現象を捉えながら、本作品の企画者である藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をベースにし、「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリー。ベンチャー起業を志す熱い主人公・藤村鉄平役を演じるのは、本作品で連続ドラマ初主演となる三浦翔平。


 脚本を担当するのは『奪い愛、冬』(2017年テレビ朝日)などのテレビドラマや映画の脚本を手掛け、舞台の演出や作詞などさまざまなジャンルで活躍する鈴木おさむ氏。学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた主人公が、偶然手に取ったベンチャー企業の社長の本に書いてあった言葉に感銘を受け、自らもそのベンチャー企業に入社するところから物語は始まる。大きな志を持って入社したものの、思い描いていたような社会人生活は簡単には手に入らず、憧れの社長にも裏切られ、その後自ら仲間たちと起業することに。次々と容赦なく壁が立ちはだかり、忘れられないような見下される経験、信じていた人からの裏切り、挫折など毎話ごとに主人公たちは、翻弄されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら、前に進んでいく。

■AbemaTV 『会社は学校じゃねぇんだよ』

企画: 藤田 晋 脚本: 鈴木おさむ 監督 : 藤井道人 他

プロデューサー : 神通勉・谷口達彦・髙橋良昌・瀬崎秀人・浅石優子

制作プロダクション:ROBOT 製作著作:AbemaTV

キャスト:三浦翔平(藤村鉄平役)、早乙女太一(火高拓海役)、宇野実彩子(水川華子役)、松岡広大(笹川翔太役)、柄本時生(堀田貴之役)、松岡充(※特別出演/森永泰三役)、池田鉄洋(黒沢武雄役)、豊原功補(沢辺進役)