フリーアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子(32歳)が4月9日、DMM.com証券の発表会に登場し、自身の人生設計について願望を語った。

株式取引サービスのイメージキャラクターを務めることになったカトパンは、資産運用にちなみ自身の人生プランを発表することに。フリップに折れ線グラフのチャート表で自身の今後10年間の未来予測を書いたカトパンは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの盛り上がりを経て、充実度のピークをその2年後あたりとした。

「2012年〜2022年に結婚・出産といった大きなイベントがあったらいいな。前倒しももちろん可で、とにかくこのピークが来てくれたら」と結婚に強い願望があることを明らかに。

司会者から「ちなみに、あと3年から4年くらいですが」と突っ込まれると、急に不安になった様子で、軽くため息をついて「2020年からいろんなことがだーっと起きればいいですね!人生の波を逃さないようにがんばります」と笑顔で語っていた。