本拠地のアスレチックス戦で7回1死まで全投球を見せた大谷

 エンゼルス大谷翔平が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初登板先発に臨み、先頭から打者19人連続りという圧巻の投球を見せた。7回1死から初安打を浴び、完全試合の夢は断たれた。完全試合であることを理解しながらも、その先を見据えマウンドに立っていたとった大谷の「前代未聞のメンタリティ」に、メジャースポーツを取材する名物コラムニストは感銘を受けている。

「彼はワンダフルだった。打者としてだけではなく、投手としても一流の片鱗を見せてくれた。個人的には最も驚かせられたのは試合後の記者会見だよ。地元の記者が質問したんだ。完全試合だと知っていたか?、と。その答えは23歳とは思えない。精的な成熟に感銘を受けた」

 こうったのはスポーツメディア「スポーティングニュース」のジョセフ・ディポリート記者だ。ロサンゼルスを拠点にエンゼルスドジャースというMLB球団のみならず、NHLロサンゼルスキングス、アナハイムダックスNBAMLSなど様々な競技で取材活動を展開。取材記者会見でもしい身振りとともに大谷マイク・ソーシア監督に質問をぶつけている名物コラムニストだ。

 7回を1安打12奪三振失点と快投した大谷は、先の質問に日本語でこう答えている。

ヒットを打たれてないのは知ってましたけど、完全試合をしようという感じはなかった。むしろいつ出るか待っていた。出た時にどう気持ちを整理して次のバッターにしっかり向かっていけるかが大事。そういう意味では、打たれた後にフォアボールを出したのは今日よくなかったこと」

名物コラムニストのジョセフ・ディポリート氏「前代未聞のメンタリティ

 完全試合に向かっていることを意識しながらも、ヒットを打たれる事態を想定。偉業を達成できなかった後に、精的に崩れないことを念頭に置いていたという。そして、7回1死から初安打を許し、四球を出したことを課題に挙げていた。ディポリート氏は会見場で、23歳の日本人ルーキーの発言に思わず刮したという。

23歳でこんな発言をするアメリカ人のアスリートを私は知らない。前代未聞のメンタリティだよ。彼は常に先を見ているのだろう。世界最高の野球選手になるのだ、と。彼は常に最終的なゴールを常に見つめているから、こういう発言が出てくる。私はとにかく驚いた」

 メジャーリーグのみならず、メジャースポーツも取材するディポリート記者は数え得られないほどスターを取材してきたが、偉業を逃した後に、その先を見据えていたことを淡々と明らかにした選手とは出会ったことがなかったという。

「彼の才は間違いない。それはもが知っている。世界中には運動、学業、芸術の分野で様々な天才がいる。だが、その才を際立たせ生かすのは、常に精だ。オオタニは自分の才を理解している。そして、自分の才を分析することができる。これは彼の2倍ある年齢の選手でも困難なことだと思う」

 ディポリート氏はこう続けた。マイク・ソーシア監督大谷の美徳について「恐ろしいほどの冷静さと高度な分析」と表現していたが、「ソーシアの見立ては正しい」と名物コラムニストはる。

NPBという日本で最高のレベル18歳から活躍できた。それが個人的には、オオタニという人間の持つ、高度な規正しさを明している。彼はすでに30代の経験深い名手のような精的な成熟を兼ね備えていることも分かった。何かを定義するにはまだ時期尚だが、野球に対する献身性、精的な強さ、個人的にはこれがオオタニの序盤の成功の鍵になったと思う」 

 スポーツを震撼させる「Shohei Ohtani」の人間が垣間見られた“完全試合未遂”後の記者会見。あまりに泰然とした23歳の新に、名物コラムニストも感した様子だった。(Full-Count編集部)

本拠地初先発で圧巻の投球を披露したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】