BeoVision Eclipse Wood Edition
Bang & Olufsen(バング&オルフセン)が世界最高のテレビサウンドシステムを搭載したテレビの最新版「BeoVision Eclipse Wood Edition」を発表。 BeoVision Eclipseは日本では2017年11月に発売された製品で、今回のWood Editionではサウンドセンターカバーとしてオークウッドが選ばれ、新たな装いの仕様がラインナップに加わりました。

どんなインテリアにも馴染むデザイン

BeoVision Eclipse Wood Editionのデザインは、David Lewis Designersの受賞歴のあるデザイナー、Torsten Valeurが手がけています。付属するハンドメイドのオークウッド製のスピーカーカバーは、エレガンス、温もり、そしてハイエンドなクラフツマンシップを感じさせ、どんなインテリアにもなじみます。 新デザインでは、温かみのあるオークウッドが超薄型ディスプレイやクールなアルミニウムのエレメントを見事に補完すると同時に、製品デザインに木材を採り入れてきたBang & Olufsenの長い伝統が尊重されています。 BeoVision Eclipse Wood Edition Bang & Olufsenのシニア コンセプト リード(Senior Concept Lead)であるKresten Bjørn Krab-Bjerreは次のように話しています。 「1925年以来当社の製品において不可欠な役割を担ってきた素材の使い方を革新し続けなければならないと考えています。オークウッドは美しく経年変化します。このオプションを当社のフラッグシップのテレビに加えることにより、当社のデザインをお客様のパーソナルなインテリアスタイルとマッチさせたいという当社の思いを強化しています」。Krab-Bjerreはまた、BeoVision Eclipse Wood Editionと、テレビのサラウンドサウンドデコーダーを使って接続できるハイエンドスピーカ―(BeoLab 18、BeoLab 50)のオークウッドのエレメントのデザインは見事に調和するとしています。

2つの世界のベストを融合

BeoVision Eclipseは、Bang & Olufsenのデザイン、クラフトマンシップ、そして音響技術を、LGエレクトロニクスが主導するwebOSおよび4Kビデオ処理技術を含む有機ELテレビ技術が融合されています。 モーター駆動式のフロアスタンドがBeoVision Eclipseをいっそう際立たせます。ボタン1つで、テレビは浮かんでいるように音もなくフロア上を移動させることができます。 BeoVision Eclipse Wood Editionおよび別売りのオーク製サウンドセンターカバーは、2018年4月よりBang & Olufsen専門店で販売されます。 BeoVision Eclipse Wood Edition

PRODUCT INFORMATION

BeoVision Eclipse Wood Edition

BeoVision Eclipse 55 インチ 1,798,000円~(税別) BeoVision Eclipse 65インチ 2,354,000円~(税別)
※リモコン別売り53,000円(税別) 現在BeoVision Eclipseをご愛用のお客様には、オーク製サウンドセンターカバーを別売りでお求めいただけます。オーク製サウンドセンターカバーのみの希望小売価格は172,000円(税別)です。
詳細はこちら

▼RELATED Bang & Olufsenの完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」に限定色が発売!

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.