4月8日に放送された単発スペシャルドラマ探偵物語」(テレビ朝日系)。多くの人は83年に開された、じゃじゃでオクテなヒロイン新井直美を薬師丸ひろ子が、“ドジな探偵さん”山秀一を故・松田優作が演じた角川映画を思い出すのではないだろうか。アイドル絶頂期に玉川大学受験のために芸活動を休んでいた薬師丸の復帰作だったことと、清純女優として売り出していた薬師丸から松田に仕掛けるディープキスシーンが話題となり、行収入51億円という大ヒット作となった。84年にはドラマ化され、“ポスト薬師丸ひろ子”として芸デビューした“角川3姉妹”の末っ子・渡辺典子と柄本明が、それぞれヒロイン・直美と探偵山を演じている。

34年ぶりの映像化となった今回のドラマは、ヒロイン二階堂ふみが、探偵斎藤工が演じ、これまでの作品とは別物のように艶っぽい出来栄えだったと話題になっているようです。ドラマ冒頭から斎藤演じる山に、自分のアンダーエアを盗み撮られたと勘違いした二階堂演じる直美が丈の短いスカート姿で背の高い門をよじ登る“艶シーン”から始まり、薬師丸や渡辺も演じてきたスリップ姿やキスシーンなどの“さわやかシーン”も、『二階堂が演じると角川映画というより“にっかつ映画の濃厚艶シーン』『せめて広瀬すずに演じてほしかった』『名作が汚された』などのがあがっているのだとか」(テレビライター

 二階堂には女子大生役よりより濃厚な色香漂う役のほうがお似合いなのかもしれない。

アサ芸プラス