アトレティコ・マドリードディエゴ・シメオネ監督クラブ残留の意思を固めたようだ。9日付でスペインマルカ』が報じている。

 8日にレアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”に臨んだA・マドリード。試合を1-1で終えた後、シメオ監督インタビューに応えた。

クラブ善し続けることを願っている。だからこそ、私はチームの成長を確信し、その成長をこれからも見続けたいと思う。そのためにここに残っている」

 残留を示唆したシメオ監督はさらに「々はチーム善するために努し、チーム善する度にクラブ全体もいい方向に向かうだろう」とクラブ一丸となっての成長を誓った。

 昨年、アルゼンチン代表監督就任の噂など去就に揺れていたシメオ監督。しかし、チームリーグトップ3にまで押し上げたその手腕をこの先もA・マドリードに注ぐことになりそうだ。

シメオネ監督がクラブ残留の意思を固めたようだ [写真]=Getty Images