イギリスのデータ企業がFacebookの個人情報約5000万件を不正利用したとされる問題で、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが謝罪。さらに、利用者が自身の個人情報を管理しやすくなる対策の実施を発表した。このデータ流出問題について、原宿の若者の声を聞く「原宿ニュースそれな」には次のような意見が寄せられた。


「自分がなったらどうしようって」(20歳・女性/専門学生)

「個人情報がいろいろなところで扱われているので、しっかりしないと利用者と提供する側の信頼関係が崩れてしまう」(21歳・男性/大学生)


 一方で、若者からは「Facebookをあまり使わない」という声も。


「(Facebook)は放っておいている」(18歳・女性/高校生)

「Facebookは使わない」(19歳・女性/大学生)

「20代前半はTwitterとかInstagramをやっているイメージ」(20歳・女性/専門学生)

「私のお父さんが(Facebookを)やっているけど、30~50代の人たちが多く利用しているかなって思う」(19歳・女性/大学生)


(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)


▶︎放送済み『原宿アベニュー』の映像は期間限定で無料視聴が可能。