4月8日に、人気歌手の浜崎あゆみが全国アリーナツアー「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~POWER of MUSIC 20th Anniversary~」を開催。ネットニュースでは、さまざまなメディアがツアーの模様を報じたのだが、記事で使用されている写真に「昨日の音楽番組と体型が違う」「加工しすぎ」とツッコミが続出している。

 この日のライブはさいたまスーパーアリーナで行われ、1万3,000人ものファンが殺到。また4月8日は浜崎がデビュー20周年を迎える記念日だったため、会場のファンが声を揃えて「おめでとう!」と祝福する一幕も。埼玉公演は大成功に終わったようで、今後は愛知や福岡、大阪など全国を巡っていく。

 そんな記念すべき日の前日、4月7日に浜崎は『CDTV祝25周年SP』(TBS系)でパフォーマンスを披露。同番組は生放送で行われていたのだが、彼女はツアーが控えているとあってVTRで出演した。番組では真っ白のドレスに身を包み、「SEASONS」「SURREAL」の2曲を歌唱。2曲目の「SURREAL」では衣装をチェンジさせ、ミニスカート姿でアップテンポの楽曲を歌い上げている。

「『CDTV祝25周年SP』でのパフォーマンス終了後、ネット上では『あゆ太りすぎ』『また太った?』『この体型でミニスカはきつい』といった声が相次いでいました。しかしアリーナツアーについて報じている記事の写真を見る限り、そこまで太っているようには見えません。それも、ほとんどのメディアで裾の広いドレスを着た同じ写真が使われており、ネット上では『これだけ加工してバラまいたのかな?』『いくら何でも露骨すぎる』『顔だけでなく体型もCDTVの時と違う』といった声が相次いでいます」(芸能ライター)

 浜崎は以前からInstagramに自身の写真を投稿する度、「加工している」と疑われてきた。3月8日に投稿されたドレスアップ姿の写真には、「顔や二の腕周りがめっちゃ加工されてる」との声が。4月4日に公開された“靴”のコレクションを紹介する画像は、「足を長くさせすぎて不自然なデカさになってる」などと指摘されている。

「動画と写真での体型の差から、浜崎はすっかり『画像を修正している』ことが定説になってしまいました。そんな状況に業を煮やしたのか、今年4月にはついに自身の容姿について言及。Instagramでライブ配信を行った次の日の4月1日、ファンクラブ会員用のブログで『自分で画面見てソッコー思ったけどさ、水風船みたいに膨らみまくり浮腫みまくりだったね』とコメントしています。同配信にも『ムチムチしてる』などの声が上がっていたのですが、恐らく浜崎は“この日だけ”調子が悪かったとアピールしたいのでしょう」(同)

 全盛期の頃と容姿を比較されてしまいがちな39歳の浜崎だが、是非ツアーでは“絶好調”な姿を披露していただきたい。

浜崎あゆみ公式Instagram(@a.you)より