『マジンガーZ』や『宇宙刑事ギャバン』などアニメ・特撮音楽の巨匠として知られる渡辺宙明(わたなべちゅうめい)が、4月9日19時より放送の「DOMMUNE」に生出演する。4月21日開催の「渡辺宙明特集 ヒーローオーケストラ/昭和の子どもたちへ」を前に、“ヒーローサウンド”について語ることになった。

【大きい画像を見る】「渡辺宙明特集 ヒーローオーケストラ/昭和の子どもたちへ」


渡辺は1925年、愛知県名古屋市生まれ。1953年に作曲家デビューを飾り、1972年に手掛けた『人造人間キカイダー』と「マジンガーZ』から特撮・アニメの仕事が増加。
『秘密戦隊ゴレンジャー』から続く「スーパー戦隊」シリーズや、『宇宙刑事ギャバン』から続く「メタルヒーロー」シリーズを支え続けており、2012年には「東京アニメアワード第8回功労賞」、2014年には「ジャスラック永年正会員」として顕彰されている。
92歳を迎える現在も、数多くのイベントやCD企画が進行中の現役作曲家だ。

このたび2時間にわたって生放送される「渡辺宙明ヒーローサウンドを語る!」のでは、『マジンガーZ』、『グレートマジンガー』、『鋼鉄ジーグ』、『サザエさん』、『野球狂の詩』、『サンバルカン』、『宇宙刑事』など渡辺が手掛けてきた名曲がトークテーマとなる。
ディスコサウンドやテクノサウンド、ハードロックサウンド、ジャズ書法、クラシック書法といった技巧の話題はもちろん、92歳ながら現役である秘訣や健康法も飛び出すオンエアに期待したい。

2018年4月9日(月)DOMMUNE 19:00~21:00
「REPRESENTATIVE COMPOSERS IN JAPAN 4」Three Shells Presents「渡辺宙明ヒーローサウンドを語る!」
出演:渡辺宙明(作曲家)、西耕一(Three Shells)声の出演:宇川直宏【ほかの画像を見る】「REPRESENTATIVE COMPOSERS IN JAPAN 4」Three Shells Presents「渡辺宙明ヒーローサウンドを語る!」
「REPRESENTATIVE COMPOSERS IN JAPAN 4」Three Shells Presents「渡辺宙明ヒーローサウンドを語る!」