「流れ」の名で知られる、木にかかる全長約356.5m、全的にもしい規模の木。周辺には高い建物や電柱がなく、日本の原風景とも言えるのどか風景を残していることから、時代劇の撮影現場になることも多い。※18年4月現在流出中<※情報は『関西から行く! 奇跡絶景に出会う2018-19(18年4月12日発売号)』より>

手すりや欄干がなく、周辺に民家や電柱が少ないので独特の景観に。※18年4月現在流出中

時代劇セットに紛れ込んだ感覚に!

台風などで増すると、脚を残して桁だけが面に浮かんで流されるように設計されている。今までに何度もで流されたものの、その度に復旧され、生活道路としての役を果たしている。全長約356.5m、幅3.3mで手すりはなく、歩行者自動車二輪車のみが通行可。豊かな自然の中に木造の長い、という趣から映画ドラマの舞台として登場することも多く、ロケ地巡りを楽しむ観光客の姿も。

夕暮れ時に×人物のシルエットを狙って

(フォトグラファボイス/瀬谷佳子さん)「6月中旬の夕暮れ時に撮影しました。人物を入れるとシルエットになってかっこいいと思い、人が通るのを待ちました。友達と訪れて交代でポーズをとるのもおもしろいと思いますよ。撮影ポイント河川敷からの上まで結構歩きます」

絶景DATA見ごろ 通年ベストタイム と通行者がシルエットで撮影できる夕暮れ時がおすすめだが、青空が映える日中もぜひ

■上(こうづやばし) 住所:京都府八幡屋 電話:075-983-1111(八幡役所商工観光課) 時間:観覧自由 休み:なし 料:観覧無料 駐車場30台(無料)※9:0017:00 アクセス第二京阪道路京田辺松井ICよりで約20分、京都方面からアクセスする場合は、第二京阪道路八幡ICよりで約5分【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー白川咲子)

夕暮れの流れ橋(架け替え前)。※18年4月現在流出中