全開から約2かが経とうとしているマーベル映画ブラックパンサー』(3月1日開)のアメリカ内における累計行収入が、『タイタニック』(1997年)を抜き全歴代収の第3位にランクインした。

 同作品は、現地時間7日に全収が6億6,318万740ドル(約729億4,988万1,400円)に到達。『タイタニック』(『タイタニック 3D』と20周年記念再上映を含む)の全収6億5,936万3,944ドル(約725億3,003万3,840円)を抜いて『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)『アバター』(2009年)に次ぐ歴代第3位となった。

 ちなみに、この順位はインフレを反映したものではなく、インフレを調整した歴代ランキングでは『ブラックパンサー』は34位、『タイタニック』は5位となっている。第1位は『風と共に去りぬ』(1939年)。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 『ブラックパンサー』は、俳優メインキャストに起用しマーベル映画の新地を開拓した作品で、ワカンダ王の若き王である主人公ティチャラチャドウィック・ボーズマン)が、漆黒ヒーローブラックパンサーとして王を守るため悪と戦う。『クリード チャンプを継ぐ男』のライアンクーラーメガホンをとり、マイケル・B・ジョーダン、 ルピタ・ニョンゴ、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキスらが参加してる。

 開からわずか51で全歴代3位となった『ブラックパンサー』だが、この快進撃がどこまで続くのか、引き続きが離せない。(編集部:倉本拓弥)

今度は豪華客船を破ったブラックパンサー! - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ